上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
06
30

明日は久々にドリフト

急遽明日(7月1日)の夕方にドリフトできる事になりました。その準備に大忙しです!


パーツ類は購入していたものの、最近はM-05オンリーでまったくメンテもしていませんでした。

sP1050291.jpg
これから↑これらを組み込んだり、コミュ研したりするのは無理がありますので、とりあえず走れるようにを目標にモーターの発熱対策をとります。

●予備モーター
sP1050292.jpg
とりあえずコミュのきれいな23Tを予備として持って行きます。常連さん達は皆ブラシレスなので、23Tでは速度を合わせるのが辛いのですが、明日はコースが順回りで速度が逆回りより低くなりますので何とかなるかなと思います。

●ファン
sP1050293.jpg
ジャンクボックスをひっくり返したら出てきました。何かに使おうと購入し、ばらしてそのまま放置されていました。なんとか使えそうです。



●モーターまわりのビス
今回からドリパケもモーター回りのビスをステンレスのキャップビスにします。ステンレスにするのは落とした時などにモーターにくっつかないようにするためです。また、キャップにするのはできるだけなめ辛くするためです。
sP1050294.jpg
sP1050296.jpg

ちなみにMシャーシは以前からキャップビスです。
sP1050295.jpg

以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

スポンサーサイト
2009
06
29

M-05組立て時に気づいた点のメモ

私が組立て時に気づいた点のメモです。


●ステアリングワイパーのガタとり
あえてとる必要はないレベルのガタだと思います。もしガタとりをする場合には、ガタをとり過ぎないように注意が必要です。ステアリングワイパーはプラなのでガタをとりすぎていると、クラッシュ時にステアリングワイパー自身が破損して走行不能になる恐れがあります。
sP1050280.jpg

●アクスルとホイールハブ間のガタとり
これもとり過ぎないように注意が必要です。ガタをとり過ぎてしまうと、クラッシュ時に足回りにダメージを受けるケースが多くなります。
sP1050286.jpg

sP1050285.jpg

ちなみに、まったくガタがないよりも、多少ガタがある方がグリップもあがるように感じます。

●リアダンパー用ピローボールにはOリングを!
これは是非追加した方が良いと思います。M-05はリアにバンパーがないので、後から追突されると、ピローボールにダンパーエンドが食い込んでダンパーの動きが非常に悪くなります。また、これを繰り返すとダンパーエンドもだめになります。
P1050282.jpg

写真では下部のみですが、上部にもいれておいた方が良いと思います。また、フロントはバンパーがあるのでなくてもOKですが、念のために入れておくと良いかもしれません。

●14mmの段付タッピングビスを通常のビスに置き換える
M-03の時と基本的にかわりません。
4mm×5.6mmのフランジパイプ+14mmのなべビスで置き換えOKです。ただ、このフランジパイプはアフターで取り寄せると2個入りで150円と高価、12個入りのOP-236は入手が難しい、
sP1030249.jpg

と言う場合は、たいていのRCショップで入手可能な4mm×6mmのフランジパイプ(SP-593 5個入り130円くらい)
sP1030308.jpg

で代用も可能です。4mm×6mmのフランジパイプで代用する場合の注意点について、以前記述を忘れた点も含めてをメモしておきます。

・太さ
 同じ外径4mmと言う表記ですが、4mm×6mmのフランジパイプの方が若干太くなっています。なので、アッパーアームのような柔らかい部品につける場合には押し込めば良いのですが、シャーシなどの硬い部品につける場合は、部品側の穴径を4mm程度まで広げる必要があります。

・長さ
 これは表記の通り、4mm×6mmの方が0.4mm程度長くなっています。なのでM4のワッシャ(よくあるM4のワッシャは0.8mm厚ですが、0.5mm厚のものもあるのでできれば0.5mm厚のものが良い)をかまして利用します。
sP1050264.jpg
sP1050265.jpg
sP1050266.jpg

●5mm×8mmのピローを使う場合の注意点
フロント上部とリア下部のダンパー取り付けにはそれぞれ3mmと4mmのスペーサを入れるよう取説では指定されています。なので、ここをピローボール化するには通常の5mm×5mmのピローボールではなく、5mm×8mmのピローボール(OP.907)を使う事になると思います。
sP1050287.jpg

ここで注意が必要です。5mm×8mmのピローボールは5mm×5mmのものより、ピロー部分が1mm低いので、ダンパーの角度を取説通りにするにはスペーサを+1mm厚いものにする必要があります。
sP1050288.jpg

●ロープロファイルサーボ利用時の注意点
シャーシ側では標準サイズのサーボを想定してサーボケーブルのにげが作られており、ロープロファイルサーボを使用しすると、サーボケーブルがシャーシに干渉して、サーボの取り付け位置が数ミリ後ろにずれてしまいます。ロープロファイルサーボを利用する場合は、サーボとステアリングワイパーをつなぐロッドの長さを調節するか、サブトリムを調整して、あらかじめ少し走らせてみると良いと思います。
sP1050277.jpg

●リアを少し落ち着かせるには
これはまだ未検証なので、検証後に予想がはずれていたら修正します。

もしアルミリアアップライト(トーイン1.5°)を使っているのなら、M-05標準のプラのもの(トーイン2°)に交換してみると良いかもしれません。また、ホイールアクセルをフロントのものに交換するのも有効かもしれません。
↓写真はM-03のものです。
sP1050290.jpg

以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
06
28

大満足のM-05シェイクダウン

いつものサーキットでM-05を走らせてきました。M-05のシェイクダウンです。
2つばかり問題がありましたが、どちらも想定していたもので何とか対処もできました。結果としては大満足でした。




さて、良く走ってくれたM-05に大満足でしたが、感想や発生した問題などを少し具体的に書いてみます。

なお、今回はできるだけM-03と同じ設定を目指し、以下のものはM-03とまったく同じです。

アンプTwister2.3
アンプの周波数設定VFS-1C3マサミSPのもの
サーボフタバS9550(ロープロファイル)
タイヤタミヤ Mグリップ(ハードインナー)
ダンパータミヤ Mシャーシハイグレードアルミダンパー
ダンパー設定うさ足
ボディタミヤ フィアット500
シャーシタイプ
車高前4.5mm 後5.5mm



違う点としては、シャーシはもちろんですが、リアのトー角くらいです。ちなみにトー角は、M-03は2°に対し、M-05Proは1.5°です。(M-05は2°)

●M-03と比較して
 M-03と比較した感じですが、トータルスピードはM-05の方が上だと感じました。多少ハンドリングに気を使いますが、逆にコーナーリングで失敗してもリカバリがきき、懐が広い感じです。感じた事をもう少し具体的に箇条書きにしてみます。

・ストレートでの加速は劣るがトップスピードは上
 これはおそらく車重のせい(M-05の方が若干重い)だと思いますが、加速は劣るもののトップスピードは上と感じました。
「ガツン」ではなく、「じわじわ」と来る加速で気がつくと結構スピードが出ている感じです。フロントタイヤががっちり路面をとらえ、馬力ではなくトルクで加速するような印象を受けました。

・フロントが良くグリップする
 フロントダンパーの角度とシャーシバランスによるものだと思いますが、とにかくフロントがよくグリップします。これはコーナリングだけでなくストレート加減速時にも感じました。よく曲がり、コーナーリングが非常に安定していています。また、コナーリングでミスをしても修正が容易です。ただ、これがマイナス面として現れる場合もありますので、うさ足の設定よりもフロントのスプリングをほんの少し固めるともっと操作は楽になるかもしれません。

・タックイン動作が急
タックインが早いです。スピンするほどではありませんが、少々気を使います。特にストレートで起動修正時は要注意ですが、スロットルはそのままでステアリングだけで修正すればOK(一気に切らず、できるだけ小さく数回にわけて修正すればなお良い)です。
ただこれは、フロントが良くグリップするため相対的にリアのグリップが落ちているのか、リアのトーインが1.5°だからなのかわかりません。キャンバーの0.5°なら気がつかない場合も多いくらいですが、トー角は結構激しく車の動きがかわりますから、自分としてはトー角が原因ではないかと考えています。M-05Proにはプラながら2°のリアナックルも付属していますので次回に試してみたいと思います。

・コーナーの脱出が早い
しっかりロールさせると、コーナー脱出時にロケットダッシュできます。コーナー脱出時のダッシュはM-05の方が全然上のように感じます。これもフロントが良くグリップするからかもしれませんね。

●初心者が使うなら
初心者が使う事を考えてみると、最初の最初はM-03の方が良いですが、1日でも走らせればM-05の方が使いやすく感じるのではないかと思います。息子に使わせてみましたが、フィアットボディでは「操作が難しい」と言っていましたが、スイフトボディに替えて少し走らせたら、「こっち(M-05)の方が操作しやすい」と言っていました。

●問題1
サーキットについて初走行で、いきなり真っ直ぐ走らない状態でした。
これはある程度予想していましたが、実際は予想以上でした。
原因はサーボの取り付け位置が取説の指定位置より数ミリ後ろになってしまったためにステアリングのセンターがずれてしまった事です。シャーシ側では標準サイズのサーボを想定してサーボケーブルのにげが作られており、今回はロープロファイルのサーボを使用しましたため、サーボケーブルがシャーシに干渉して、サーボの取り付け位置が数ミリ後ろにずれてしまったのです。ロープロファイルサーボを使う時は要注意です。
sP1050277.jpg

事前にサブトリムの調整(サーボとステアリングワイパーをつなぐロッドの長さ調節は面倒なのでサブトリムで逃げるつもりでした。)をしておいたのですが、やはり家で少しでも走らせておくべきでした。
プロポのトリム調整でどうにか真っ直ぐ走る状態にできました。


●問題2
トップスピードで前車を避けようと左にステアリングをきったとたん、キリモミ状態になり、そのまま進行方向正面の壁に激突しました。車を回収しチェックしてみると、右リア下のダンパーをとめるピローボールが脱落していました。
実はこれもある程度予測していました。
取説では、リア下のダンパー取り付け部には2mmのスペーサを入れる指定になっています。となると、ここにピローボールを取り付けるには通常のピローボールではネジのかかりが浅くなってしまいます。なのでここは5mm×8mmのピローボールを使う必要があるのですが、手持ちがなく、不安を覚えながらも通常の5mm×5mmのピローボールを使いました。
スペーサ+ピローボールナット+16mm皿ネジ で対処しました。
sP1050279.jpg

●気になる点
M-05はリアバンパーがありません。リアから追突された場合にダンパーやサスアームの破損がちょっと心配です。Mシャーシの場合、コーナーで団子状態になって追突と言うのはよくある話ですから・・・
sP1050273.jpg

以上


 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
06
27

M-05の紹介

急用があり、ついさっき帰宅しました。明日M-05のシェイクダウンの予定なのですが、何も準備できていません。と言う事で、今日は予定を変更して、私のM-05の簡単な紹介です。

●全体

sP1050260.jpg
sP1050261.jpg

●メカ積み
sP1050257.jpg
sP1050258.jpg
sP1050259.jpg

●こだわり
sP1050254.jpg

こだわりと言うほどのものでもありませんが、今回は、
 ケーブル:黒
 ネジ&ワッシャ:黒(鉄)
 シャフト類:シルバー
 アルミ:タミヤブルー
にしました。
一部パーツ入手の関係や私の根性(アルティメットブースターのプラスコードを黒に付け替える根性がありませんでした。(泣))の問題でそうできていない部分がありますが、それは今後の課題と言う事で・・・

以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
06
26

M-05いじくりまわし中

どうにか組み上がったので、いったん解体し、M-03のパーツをつけたりして、M-03との比較をしています。


●ナックル
sP1050233.jpg
高さとながさがずいぶんちがいます。ちなみにM-03Mのものは後部分を切断して短くしてあります。
高さのおかげでM-05ではほとんどバンプインがありません、また、長さが短いおかげで、クラッシュ時にモーターとの接触も少なく済みそうです。
sP1050241.jpg

●Cハブ
sP1050235.jpg
ナックルのストッパがつき、シャフトの通る穴が縦に長くなりました。

穴が縦に長くなったおかげでフロントダンパーのストロークがすべて使えます。
sP1050237.jpg

sP1050238.jpg

ストッパの効果
sP1050242.jpg


●おまけ
M-03のヒートシンクも一応は装着可能です。
sP1050240.jpg




製作記はエキスパートの方々にお任せするとして、私が組立てで苦労した点や気づいた点をまとめて、明日にはアップするつもりです。

以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。