上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
10
26

PICでラジコン電飾-概要編

今回私がやった事を例に、PICでのプログラミングについてごくごく簡単に説明します。


●PICって何?
 マイクロチップテクノロジー社が製造しているワンチップマイコン(チップ上にCPU、ROM、RAM、各種入出力装置などを搭載している)の総称です。

●何ができる?
 LEDやモーター、ブザーと言った簡単な装置の制御などができます。

●どうやって装置を制御するの?
 プログラムを作って、プログラムに制御をさせます。

●そのために必要なものは?
 PICそのもの、プログラム開発環境、PICにプログラムを書き込む装置、が必要です。

●実際にはどうやるの?
様々な環境、様々なやり方がありますが、今回私の使った環境、私の作ったプログラムを例に簡単にまとめてみます。ちなみにプログラムとしては、ナイトライダー風電飾用プログラムです。

1.やらせたい事を決める。
「LEDを5つならべ、ナイトライダー風に、右から左、左から右に順に点灯させ、5往復したらすべてのLEDをフラッシュさせる。」としました。

2.使うPICを選定する。
今回の場合は、5つのLEDをコントロールできる事が必要条件です。これを満たすもののなかで、入手性、価格、Web上のサンプルの数(困った時の助けになる)などを考えて、
 PIC12F509
にしました。ちなみに、秋月電子で1個60円です。

3.プログラムを作成する。
今回はアセンブラで作りました。その他にも、環境さえ整えれば、C言語などでプログラムを作成する事も可能です。

アセンブラでプログラムを作成するにあたって、統合開発環境も存在しますが、小さなプログラムなので、プログラムは普通のエディタで書きました。
ASM.jpg

4.作成したプログラムをPICの理解できる命令に翻訳する。
PICの製造元であるマイクロチップテクノロジー社のMPASMと言うアセンブラ(アセンブラ言語で作成したプログラムをPICの理解できる命令に翻訳してくれるツール)を使いました。このツールは後述するPICKit2に付属しています。
MPASM.jpg

5.PICを書き込み器に接続する。
写真下部の基盤の上にグリーンの箱がついている部分はパーツを買い集めて自作したものです。そのグリーンの箱の上に見える黒い小さいものがPIC12F509です。
sP1070961.jpg

6.PICへ翻訳した命令を書き込む。
PICへプログラムを書き込む装置はPICの製造元であるマイクロチップテクノロジー社のPICKit2(下の写真の黒い箱)を利用しました。PICKit2は秋月電子で3,500円でした。
sP1070966.jpg

実際の書き込みは、PICをPICKit2に接続した状態で、PICKit2付属の「PICKit2 Programmer」と言うツールで行いました。
P2P-2.jpg

7.動作確認をする。
ブレットボードにPICとLED、抵抗などを配線して期待した通りに動作するか確認します。
sP1070962.jpg

もし期待通りに動作しない場合には、期待した動作になるまで、

 「プログラム修正」
   ↓
 「作成したプログラムをPICの理解できる命令に翻訳」
   ↓
 「PICへ翻訳した命令を書き込む」
   ↓
 「動作確認」

を繰り返します。

ちなみに、今回作成したプログラムを動かすとこんな感じ↓です。

動画のコマ数が少ないのでちょっとフラッシュのしかたがイマイチに見えますが、現物はもっと滑らかにフラッシュします。



アセンブラなんて約20年ぶりでしたが、この程度のプログラムなら私でもなんとかできました。プログラム経験のある人ならば、この程度のものならすぐに作れるのではないかと思います。

以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
10
25

TA05-Rとリジットワンウェイカップ

今日(10月25日)はいつものところでMさん親子とドリフトしてきました。


●リバサス仕様のTA05とスクエアのリジットワンウェイカップ
リジットワンウェイカップの組込みで不具合がありました。使っていたワンウェイカップと単純にリプレースしたら、フロントのユニバがパツンパツンで上手く回りませんでした。
私のTA05はリバサスのついたTA05-Rで、ユニバのスイングシャフトは48mmです。通常の状態で使用するならあまり問題はないのですが、カウンタードリ仕様でキャンバーを-5度にしていたためにパツンパツンになってしまったようです。46mmのスイングシャフトが手元にありませんでしたので、とりあえずキャンバーを-2.5度に減らしてどうにかフロントがまともに回るようになりました。
↓こんな感じになりました。
sP1070982.jpg

この状態での走行ですが、案外普通に走れます。私自身は「あまり変わらないなぁ」と思ったのですが、Mさんは「コントロールしやすくなった」と言っていたので良いかもしれません。ただ、振り返しや高速でのドリフトではカウンターがあまりきかない感じで、スピンを防ぐのがやっとで思うようにコントロールできません。この点はなんとかしないとダメですが、キャンバーをつければ解決できると思います。
やはり、

カウンタードリで、リバサス仕様のTA05にスクエアのリジットワンウェイカップを利用する場合には、ユニバのスイングシャフトを48mmから変更する必要がありますね。

近日中にスイングシャフトを入手して試してみようと思います。

●MさんのTB-02また不調
走り出して早々にMさんのTB-02で前回同様の症状が出て走行不能になりました。マシンをK君のTB-02にスイッチしたところこちらは何も問題なしでした。Mさんに聞いたところ、K君のTB-02はフロントワンウェイを前回MさんのTB-02にやったのと同じ方法でメンテしたが、MさんのTB-02は何もしていないとの事。何度かメンテして、ダメならワンウェイカップ→ワンウェイ本体の順番にリプレースしてみようと言う事になりました。
そんな状態なので、Mさんはその後ずっとK君のTB-02で、それにあわせるために私は息子のドリパケで仲良く定常円の練習(定常円しながら、できるだけ寄せたり、内側から抜いたり等)をしてました。

●タイヨーのトイラジバイク
Mさんにも子供達にも大好評でした。
トイラジなんで、アクセルもステアリングもON/OFFのみの男らしい仕様で、ONする時間の長さでバイクをコントロールする必要があります。たとえば、最大に加速するならアクセルをONしっぱなし、ゆっくり加速するならチョンチョンとアクセルをONにすると言う感じです。
コントローラがスティックタイプと言う事もあり、なかなか操作が難しかったのですが、Mさんはすぐにカンをつかみ、思うままに操っていました。(私は全然ついていけませんでした。(涙))
sP1070985.jpg
MさんもK君も結構ノリノリで、「じゃ来週までにバイクと人形をライムグリーン(カワサキ)とイエロー(スズキ)に塗っとけばいい?」なんて言ってました。

今回はメカ類の載せ変えはしていませんが、早々に載せ変えをして4人で走らせようと言う事になりました。さて、どうしよう・・・

ちなみに、現状は、自作のパックバッテリーが使えて、かつスタンドに取り付けられるようにこんな感じに電源コードを外出しにしています。
sP1070984.jpg



Mさんから電飾の話があるかもと思い、昨日のうちにPIC用のナイトライダー風の電飾プログラムを作ったのですが、こちらは話がすすまず空振りでした。忘れないうちに明日にでも記事にします。
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
10
24

明日の準備・・・いけね、何にもしてないや!

明日(10月25日)はいつもの場所でMさん親子とドリフトの予定です。
Mさんから「リジットワンウェイカップ試してみてよ!」と言われているので、明日試してみるつもりなんですが、

今日やらなくてもよいこんな事や
sP1070956.jpg
sP1070954.jpg

はたまた、こんな事
sP1070961.jpg
PP.jpg
をしていて、まだ何も準備していません。(汗)
久々にプログラム組んだら結構楽しくって・・・

さて、これから急いで準備します!


本文とは全く関係ありませんが、今回単3サイズのバッテリーを6本組みにパックするのに、シャンテがなかったのではんだ吸取り線を利用しましたが、最近は単3用のシャンテ(下の写真みたいなやつ)ってうってないんですかねぇ?
sP1070951.jpg
需要がないのかなぁ・・・
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
10
23

単3サイズのバッテリーのはんだづけ方法

単3サイズのバッテリーのはんだづけのメモです。


純粋にスペースの問題があったり、できるだけコストを抑えたい場合など、単3サイズのバッテリーを動力元として利用したい機会があります。今回の私のタイヨーのトイラジバイクのケースなどはまさにそうです。ちょうと良いので、単3サイズのバッテリーのはんだづけについてメモしておきます。

まぁ、そんなに特別な事があるわけではありませんが、「シャンテが入手しづらい事」と「専用の組立て用冶具がない事」の対応が必要です。

1.組み方を決める
バッテリー格納場所の形状やケーブルの取り回しを考慮し、バッテリーの組み方を決めます。
今回はこんな感じ↓にします。
AABat.jpg

注意!
上記の組み方ではタイヨーのトイラジバイク(YZ250・CR250)にはきっちりと収まりません。(バイク側の電池格納スペースを削って拡張する必要があります。)
タイヨーのトイラジバイク(YZ250・CR250)に使う場合には3本ずつのセットを
 ●●●
 ●●●
のようにずらさずに組んだほうが良いと思います。

2.バッテリーを瞬間接着剤で接着する
通常のサブCセルを組む場合には冶具があるのでシャンテをはんだづけした後に行いますが、単3サイズバッテリーの場合には冶具がないので、先に瞬間接着剤で接着してしまいます。

こんな感じ↓で箱の隅などを利用してセルを配置し、セル間に瞬間接着剤を流します。
sP1070937.jpg

まずは、3本組を2つ作ります。
sP1070941.jpg

3本組を上の図に合わせて組み合わせ、間にも軽く瞬間接着剤を流して完成です。
sP1070945.jpg

なお、瞬間接着剤を流すときは、セルの中央部分のみにすると良いです。端子側に流しても良いのですが、量や流れ具合を注意しないと・・・
sP1070939.jpg
↑こんな感じで失敗します。(笑)

3.シャンテを用意する
 専用のシャンテが入手できればそれを使えば良いのですが、入手できない場合は、はんだ吸取り線で代用が可能です。
単3サイズのバッテリー用には、長さ18mm程度に切ればOKです。
sP1070943.jpg

4.はんだづけする
まぁ、後は普通です・・・
端子をリュータや紙やすりであらし、
sP1070946.jpg

予備半田し、
sP1070947.jpg

シャンテとコネクタをつけて完成です。
sP1070950.jpg

ちなみに今回はシャンテ(はんだ吸取り線を切ったもの)も予備はんだしました。
sP1070948.jpg



単3サイズのバッテリーをはんだづけしたのは久しぶりですが、思ったよりやりやすかったです。これまでこのサイズのバッテリーをはんだづけする時は小さめのこて先を使っていたのですが、今回面倒なのでサブCセルをはんだづけするときに使うこて先(多分5Cってサイズ)を使ったのが良かったようです。
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
10
22

トイラジYZ250とCR250の違い

タイヨーのトイラジYZ250とCR250で構造上で大きな違いがありました。


昨日の記事をアップした後、「バッテリーのはんだづけをしなきゃなぁ」、と思っていたのですが、どうにも面倒で、だらだらとバイクをいじっていました。そこでふと気がついたのですが、CR250に比べ、YZ250の方がリアの車高が低く、かつリアサスがかなり硬くなっています。
なんでかな?と、よく比較してみると、リアのスイングアームの角度が全然違っています。
sP1070902.jpg
sP1070901.jpg
上の写真のようにYZはかなり水平に近い状態で、ダンパーも結構縮んだ状態です。

これはスイングアーム本体ではなく、ボディ側の問題で、下の写真のように、YZ250はおかしなでっぱりがあり、これがストッパーのようになってスイングアームがCR250ほどさがらないようです。
sP1070930.jpg
う~ん、これは仕様?後でMさんように買ってあるもう1台のYZ250もチェックしてみます。(車につんであって、しかも車は立体駐車場に入っているので出すのがちょっと手間なんです。)
まぁ、実際に走らせてみて、リアが硬すぎるようなら削る事にしましよう。


まだまだはんだづけをする気になれず、将来のメカ移植のためと称して、久々に手元に残してあるミニサイズのラジコンを出してみました。

sP1070916.jpg

sP1070919.jpg

あの頃は「アルミ&チタン化するのが正義」ってくらいの勢いでしたから、まぁえげつないですね。特に上のブルーの方は、シャーシ、アーム、ウイング以外は、ほぼアルミとチタンです。確かネジはチタンとアルミで、一部マグネシウムだったような・・・昔はお金あったんだなぁ・・・

以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。