上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2010
01
26

トイラジバイク修理その1

バイク3台の修理の1台目です。


今日は私のバイクを修理しました。

●修理完了
私のバイクの異音の原因はわかっていましたのでしっかりねじロックをぬってモーターをマウントしましたが、念のため下側の長穴の余分な部分を埋めました。
れいによってパテをどこにしまったのかわからず、また買うのもバカらしいので、今回はシューグー使いました。
sP1090499.jpg

シューグーもしっかり固まっていましたので、ギアに再度セラミックグリスを塗って組上げました。ばっちりです!
sP1090507.jpg

また、いいかげんギアボックスのねじがゆるんできており、ほこりが入る可能性がありましたので、ギアボックスの合わせ目をビニールテープでカバーしておく事にしました。
sP1090508.jpg

●Mさんのバイクの異音の原因
私のバイクの修理が終わりましたので、Mさんのバイクの状況を確認してみました。
ばらしてみてすぐに原因はわかりました。

sP1090521.jpg
熱で溶けてしまっています。

なかなかモーターが外れなかったのですが、なんとかはずしてみると・・・
sP1090527.jpg
ギアボックスが、モータの触れていたあたりを中心に溶けて歪んでいます。これによってピニオンがギアにきちんとあたらなくなって異音が出ていたようです。

ちなみにギアは欠け1つなくとても良い状態です。しっかりセラミックグリスを塗っておいたのが良かったのかもしれません。
sP1090529.jpg

さて、こうなってしまった原因ですが、今にして思えば、リポを使っての3パックの連続走行、しかも、ウイリーばかりで走らせないのでモーターの発熱は当然で、元々このトイラジバイクはモーターの熱が逃げ辛い構造ですので、当たり前と言えば当たり前かもしれません。

どうやって修理するか(新品に交換?それとも・・・)と、何か対策をとるかどうか、ちょっと考えてみようと思います。


そろそろ息子のバイクもどう修理するか考えないと・・・
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2010
01
25

TB-02でグリップ走行(4WDvsFF)

昨日(1月24日) TB-02を走らせた話です。



●前準備
事前にボディ変更、モーター変更、フロントデフ変更、タイヤ変更をしました。
  1. ボディ変更
    前回Mさんから「一人だけレース用のボディはずるいよ」と言われましたので、今回は、1/10用で唯一電飾していないAMGにしました。

    sP1090481.jpg

    このボディ、TB-02のシャーシキットのものでもう何年使っているでしょうか。ツーリングでは23Tと540以外のモーターは使った事がなく、23Tではこのボディではかなり厳しかったのですが、スポチュンならいけるかもと淡い期待を持っての選択です。どうなる事やら。

  2. モーター変更
    23Tからスポチュンに変更しました。 スポチュンはいくつか持っていますが、あえて一番パワーのないものにしてみました。

  3. フロントデフ変更
    ワンウェイからボールデフに変更しました。

  4. タイヤ変更
    M2ラジアルからツーリングラジアルに変更しました。



●M2で試走
Mさんがまだ到着しないので、いったんタイヤを、前回23Tでもなかなか良くグリップしてくれたM2ラジアル(Mグリップと同じコンパウンド)に戻して走らせます。ボディ変更の影響をみるためで、モーターを変えてしまっているので厳密には前回と比較できませんが、久々に使うボディなので感じをつかめればというところです。

走り出しは良い感じです。ゆたぽんの効果か、ストレートがやたらと早い感じで、23Tとそう変わりません。スポチュンてこんなに速かったっけ?って感じです。次はコーナー、フロントをボールデフにしているので神経質にならずにブレーキが使えこれも良い感じです。しかし、そこからアクセルをいれると、いきなりリアが流れます。「まだあったまっていないからかな?」と思い、50%くらいのペースで数周走り、いざアクセルを入れるとやっぱりダメです。

色々試してみましたが、前回よりもスピードを落として、早め早めの減速、ゆっくりじわっとアクセルオン、にしないとリアが流れてしまいます。前回よりもパワーのないモーターなのに、前回よりもアクセルをあけられません。M2ラジアルであの独特のスキール音を響かせながら走りたかったので、ちょっとがっかりです。すっかり面白くなくなったのでタイヤを交換(元に戻す)事にしました。
で、交換の際にチェックして見ると、右フロントのホイル内側が割れていました。写真ではわかり辛いかもしれませんが、タイヤも少し切れてしまっています。
sP1090492.jpg
前回走行後によく確認していなかったので、今回割れたのか、前回割れたのかはわかりません。

●レーシングラジアル
レーシングラジアルに戻しましたが、あまり変わりません。M2ラジアルはナロー、レーシングラジアルはミディアムナローですが、ともにインナーはスポンジですので、レーシングラジアルの方がグリップが低いはずで、よりアクセルがあけられなくなるかと思っていたので意外でした。

●AMGボディ
結局AMGボディは、モーターがスポチュンでも23Tで走らせていた時と同じでした。
動きはよく言えばマイルド、悪く言えばもっさりしています。これだけなら良いのですが、決定的にリアのダウンフォースが不足していて、走らせた感じとしては「動きがもっさりしているのにリアが軽い」と言うところです。スポチュンであっても、NSXなどの空力の良いボディとでは差が大きすぎて辛いと思います。オプションのレーシングウイングをつければ少しはマシになるかもしれません。

●AMGvsインプレッサ
そうこうしているうちにMさんが到着したので、Mさんのインプレッサと早速バトル開始です!
・・・しかし速度差が大きく勝負になりませんでした。Mさんに確認したところ、ドリフト仕様からタイヤを変えてフロントをボールデフに変えただけとの事。特にリアがリジットのままなのが影響してコーナーでリアがすぐに出てしまってインフィールドがものすごく遅いです。また、ダンパーも組み直しや調整をしていないようで足が上手く動いていない感じです。
仕方がないので、Mさんはコースの1/3をショートカットして周回するようにして、どうにか一緒に走れるようになりました。ただ、「ショートカットして先行したMさんにストレートエンドで追いつき、インフィールドでかわす」の繰り返しになってしまったので、まるで周回遅れをパスする練習のようでした。

しばらく走っているとインプレッサがスピードダウン。バッテリーが終わったのかと思いましたが、どうやらアンプにヒートプロテクトがかかったようです。リアがリジットのままなのがアンプに負担だったのかもしれません。

●AMGvsスイフト
仕方がないので、MさんはK君のM-03にチェンジです。
M-03(スイフト)はMグリップをはいており、そこそこよく走ります。これなら丁度良いかな?と思ったのですが、やはりFFと4WDでは速度差がありすぎました。しかたないので、インプレッサ同様に、スイフトもコースの1/3をショートカットにしてしばらく一緒に走らせました。

●再びAMGvsインプレッサ
私のバッテリーがたれたので入れ替え、これを機にMさんもインプレッサに戻します。今度は、私がさらに高速コーナーを大回りして、インプレッサがショートカットコースに入る直前でどうにか追いつくようにしました。私がミスすれば追いつけませんし、Mさんがミスすれば簡単に追いつかれると言う感じです。これは、結構緊張感があって面白かったです。

で、またインプレッサがスローダウン。「えっ?またヒートプロテクト?」と思いましたが、今度は違うみたいです。車をみているとちょっと速度が遅いながらも走っています。Mさんと一緒にチェックしてみると、アクセルをいれてもリアが非常にゆっくりしか回らず、FF状態になっていました。Mさんのリアのリジットはボールデフをきつくしめたものなので、どうやらグリップ走行でゆるんだようです。

とりあえずは走れるようなので、今日はこのまま走らせる事にしました。TB-02同士の4WDvsFFになりましが、FFが思ったよりも良く走ったのでそれなりに楽しめました。

●タイヤ
結局レーシングラジアルで4パック弱走らせました。このレーシングラジアルは合計6パック程度使ったのですが、この状態です。
sP1090495.jpg
おそらくあと1パックくらいで破けてしまう感じですし、今日の3パック目ぐらいからさらにグリップが落ちたように思いましたので、耐久性と性能を考えると、ソレックスにした方が良いかなと思ったのですが、帰宅後タイヤをチェックしてみると・・・

sP1090497.jpg

しっかりホイールにクラックが入っていました。
今走らせている場所は割と大粒の石や金属片が落ちているので、仕方ないのかもしれません。この事を考えると、耐久性の高いタイヤにすると先にホイールが割れてしまいそうでちょっと心配です。ソレックスの場合、タイヤも高いし、使いまわせるとは言えインナーも高いですから・・・どうしようかな・・・

●ブラシレス&リポにしたい
つくづくブラシレス&リポにしたいなと思ってしまいました。私個人としてはスポチュン&ニッケル水素でも良いのですが、メンテのせい(Mさんは忙しくて十分にメンテできない状況。暇でもあまりまめにはやりませんが!)でMさんのTB-02と差が大きくなって面白くないからです。私とMさんのTB-02をブラシレス&リポに統一してしまえばこの差はだいぶ小さくできるのではと思っています。



週末だけでなく週はじめもちょっと仕事が忙しい状況です。今日はちょっとラジコンいじるのは無理かな・・・
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2010
01
24

トイラジバイク最高速仕様シェイクダウン

トイラジバイク最高速仕様をシェイクダウンしてきました。残念ながら動画はありません。(次回は必ず!)


今日(1月24日)は息子が用事で欠席で、K君も不参加で、Mさんと2人でじっくり走らせました。

●事前設定
シェイクダウンに先立って、アンプ設定を見直し、リアダンパーをノーマルに戻しました。
  1. アンプ設定
    より速度が出るようになりますので、あまり強いドラッグブレーキギはアをいためる原因になります。また、高速時にアクセルオフで急激なドラッグブレーキがかかると横転してしまいますので、ドラッグブレーキを70%から50%におとしました。
    また、前述の同期の問題がありますので、スタートパワーをHighからMediumにおとしました。

      20100124.jpg

  2. リアダンパー
    今までは(多分)京商のミニインファーノ用ノーマル(オイル)ダンパーにTRFダンパーのハードスプリングを2つつけて使っていましたが、ノーマルに戻しました。特にダンパーに不満があったためではなく、Mさんのバイクと速度の比較をするつもりで、モーターとピニオン以外はできるだけ同じ条件にしたかったためです。


●実走
ゆたぽんで温めたリポをつんでスタートです。
アンプ設定が功を奏したのか、スタート時の同期の問題(ガガガッと音だけして前に進まない)はまったく発生しません。アンプ設定でスタートパワーを落としているので、比較的スタートはゆっくりですが、途中からターボがかかる感じ(昭和50年代のどっかんターボみたいな感じ)でぐんぐんスピードがあがります。速度的には様々な動画で見るリポ3セルと同じくらいな感じです。
いや~気持ち良いです。ストレートが速くなっただけすが、これまで頭打ちだったところからぐんぐん伸びて行くのは非常に気持ちが良いですね。

さて、非常に速くはなったのですが、良い事ばかりではありません。気になる点が3つ。

 ・曲がらない
 ・ほとんどウイリーしない
 ・直進時にフロントのブレがすごい

以下に詳細をメモしておきます。

●曲がらない
もちろん低速で走っている時は問題ないのですが、ある程度速度が出るととにかく曲がりません。ブレーキで速度を落としても、アクセルをオフにしてからある程度の時間がたたないと車体が倒れないのです。スピードが上がった事でジャイロが超高速回転し、ジャイロの回転がおちるのに時間がかかるようになったためだと思います。
ジャイロにブレーキをかける事はできませんから、どうしも気になるようなら強制的に車体を傾ける仕組みでも考えてみようかなと思います。

●ほとんどウイリーしない
これまで以上にウイリーしなくなりました。がんばってもなかなかウイリーしません。加速時にに時々フロントがちょっと上がる程度です。
Mさんいわく「いくら速くてもウイリーしなきゃねぇ」との事。私もちょっと寂しい気がしますので、次回はおもりをつんでみようかと思います。

●直進時にフロントのブレがすごい
直進時のフロントのぶれはノーマルでもある程度発生しますが、速度が上がった事でこれが激しくなりました。現行のステアリング方式(センター付近がぐらぐら)に起因した問題で、逆にステアリングを切った状態での加速するとブレは発生しません。
確実に抵抗になっていますが、今のところ大きな実害はないのでとりあえずこのままで行きます。

●動画撮影できず
さて、Mさんに動画を撮影してもらおうと思ったのですが、Mさんは私の貸したリポを自分のバイクにつんでウイリーに夢中です。熱中しているのでとりあえず1パック走り終わるまで待ちました。ようやく1パック終わったMさんに声をかけ、私のバイクもバッテリーを新しいリポに替えて走り出した途端、ギアから異音がして走らなくなってしまいました。(涙)
回収してチェックしてみるとアクセルに反応してモーターは回るのですが、タイヤがゆっくりしか回りません。次回は必ず動画を撮るとかたく決意し終了しました。


●異音の原因
帰宅後、早速自分のバイクをばらしてみました。「まさかギアがいっちゃったのかな」と恐る恐る確認すると・・・
ピニオンもギアもきれいなままで、削れた様子もありません。
モーターマウントの下側のねじがずれてピニオンがほとんどギアにかからなくなってしまったようです。
sP1090486.jpg

下側のねじ用の穴は長穴加工していたのですが、バックラッシュ調整を色々やっていたので、ねじロックを付け忘れてました。お恥ずかしい。
sP1090410.jpg

もう面倒なので、穴の余分なところはパテかなにかで埋めてしまおうと思います。

●Mさんのバイクも・・・
リポが未使用2本残ってしまい、どうせ持って帰っても放電させてしまうだけなので、Mさんに使ってもらいました。Mさん大喜びでひたすらウイリーさせていたのですが・・・ギアから異音がして後輪が回らなくなりました。

と言う事で、我家には私のバイク、息子のバイク、Mさんのバイクの3台入院中です。(笑)
来週までに3台も直せるかなぁ・・・

sP1090489.jpg


今日はTB-02もしっかり4パック走らせました。こちらもとても楽しかったです。これはまた明日にでも記事にします。
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2010
01
23

詳細:トイラジバイク最高速仕様

昨日(1月22日)作った最高速仕様の詳細です。


最高速仕様と言っても、いつも通りそんな大したものではありません。(笑)
使用しているモーターの直径が20mmとノーマルに比べて約4mm小さいので、これを利用してモーターをオフセットさせて取り付け、大きなピニオン(ノーマル9Tに対し12T)
sP1090344.jpg
を使おうというものです。

●スペーサ作成
ピニオンは1/10用なのでモーターシャフトを入れる穴は3.17mm径です。一方使用するモーターのシャフトは2mmで、この差をうめる必要があります。
本当は某メーカーのこれ↓
sadpt.jpg
がほしかったのですが入手できませんでした。定価300円なのでメーカー直販での購入も考えたのですが、送料が800円との事で断念し、ピニオンとモーターシャフト間のスペーサを自作しました。

外径3mmのアルミパイプを
sP1090405.jpg

5mmくらいに切り、
sP1090463.jpg

モーターのシャフト(2mm)が通るように内径をリュータで拡大し、
sP1090469.jpg

ピニオンとの内径は3.17mmなので、極薄のアルミテープを約2周くらいに切って外径にまきつけました。
sP1090460.jpg

どうしてもスペーサとモーターシャフト&ピニオン間にガタが残りますので、モーターシャフトに対してピニオンがわずかに傾いてしまいますので色々調整しましたが、まぁきりがないので適当なところで良しとしました。

●モーターのマウント
ピニオン外径が大きくなりますし、オフセットさせてマウントしますので、ギアボックス内で干渉する部分が出てきますのでリュータで削りました。
↓こんな感じ
xsP1090390.jpg

モーターにピニオンをつけてギアとのかみ合わせをみて位置決めをして、マウント用の穴をあけます。下側の穴はバックラッシュ調整ができるように長穴にしました。
sP1090410.jpg

バックラッシュ調整してモーターをねじ止めすればできあがりです。
sP1090419.jpg

今日は時間が取れなかったのでいつものところへは行けず、庭でほんの少し試しただけなのですが、モーターのトルクの問題があってこれ以上大きなピニオンは難しいかもしれません。具体的には、スタート時にごくゆっくりアクセルをあけていくと、割りと高確率でセンサレスブラシレス特有の同期とれない現象(ガガガッと音だけして前に進まない)が出てしまって走り出せません。特にトルクが必要なオフロードはまったくダメです。アスファルトのみを走らせる予定ですが、アンプ設定を見直し、明日にはシェイクダウンの予定です。


息子のバイクですが、走行時に後輪内のフライホイールがほとんど回らないのが問題の原因である事ははっきりしました。で、そのフライホイールがほとんど回らない理由ですが、後輪右側の白いギアがすべってしまっている(手で回すと回ってしまう)ためではないかと考えています。
sP1090474.jpg
後輪の軸とこのギアを瞬間接着剤で接着してみたらフライホイールが回るようになったのですが、すぐにはがれて、またフライホイールが回らなくなってしまいました。
予備のもに後輪ごと交換してしまうのが早いのですが、とりあえず明日は息子のバイクは使わないのでもう少し見てみようと思います。
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2010
01
22

速報 トイラジバイク最高速仕様完成!

今日(1月22日)は帰宅がまた22時前になってしまったので、とりあえず簡単にできる最高速仕様の方を作りました。


完成しました。
sP1090393.jpg

とりあえず12Tです。クリアランスにはまだ余裕がありますので、モーターのトルクの問題さえ回避できれば16Tくらいまでいけそうです。
sP1090398.jpg
詳細は明日にでも記事にします。
明日は上手くいけば時間がとれそうなのでシェイクダウンの予定です。


息子のバイクですが、昨日の晩ばらしてみました。おそらくmotomotoさんのアドバイスの通りだと思います。今晩これからじっくりチェックしてみます。
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。