上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2011
01
26

パーキングでの防塵

パーキングで走らせる時の防塵に関するメモです。


私はパーキングでTA05、TB-03、M-05等を走らせています。
パーキングはホコリや砂が多いので、ピニオンとスパーの砂噛みが心配です。M-05やTB-03のように一応ピニオン&スパーが密閉されたケースにはいっているシャーシはまだ良いのですが、TA05のようにむき出しだと特に気になります。なので、今現在ではTA05のみ対策をとっています。
以下に今やっている事をメモしておきます。

今やっているのは、「シャーシの穴をふさぐ」だけです。具体的には、バッテリースロットなどの穴をシャーシ下側からふさいでいます。

今使っているのは薄手のプラ板とビニールテープです。
↓今回はプラ板(0.2mm厚)も100均のものを使っています。

sP1180928.jpg

穴の部分に切ったプラ板をあて、ビニールテープでとめるだけです。具体的には以下のようになります。

プラ板以下の4枚用意します。
(1)14×7.5cm
(2)6×1.5cm
(3)3.5×1.5cm
(4)2×1.5cm

で、こんな感じに配置して、
sP1180943.jpg
↑モーター後側の穴は試しに石抜き(跳ね上がってシャーシにのった石がここから外に出る)用にとふさいでいません。

sP1180947.jpg

ビニールテープでとめて完成です。
sP1180948.jpg

sP1180949.jpg



さて、効果ですが、この対策をとっているTA05はこれまで砂噛みなしですので、十分効果があると思います。逆に、ピニオン&スパーが密閉されたケースにはいっているのでこの対策をとっていないTB-03で時々軽い砂噛みがあります。やはりシャーシの穴からの石や砂の進入って多いのでしょうね。もちろんツーリングとドリフトではスピード差がありますので、ツーリングでもこの方法が有効かどうかはわかりません。



昨日は結構時間をかけてTA05の左右のバランス取りをしたのですが、結局納得いくような状態になりませんでした。シャーシの反りが戻っちゃうのか、車高を調整して行くとどうしても左リアのテンションが結構高くなってしまいます。左右のバランスをとるには結構な重さのバラストをつむ必要があり、運動性能に影響が出そうな感じです。しかも、苦労して調整しても、それでもバッチリと言えるほどバランスは良くなりません。
なので、ちょっと別のアプローチをしてみる事にしました。今必要なパーツを手配しているので明日か明後日には試せるのではないかと思います。
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2011
01
25

TA05左右のバランス取り

TA05の左右のバランスをとります。


とりあえず前後バランスは置いておいて、左右のバランスを取ります。
フロントとリア、それぞれ左右のバランスをとりますが、まずはフロントとリアお互いの影響を排除したかたちで調整し、その後、お互いの影響がある状態で調整します。
なお、シャーシがねじれたり歪んだりしている左右のと意味がありませんのでこのチェックと修正をしておきます。詳細は昨日の記事を参照してください。
また、ボディものせた状態でバランスをとるのがベストですが、写真の都合で今回ははずしています。

1.左右ダンパーのスプリングテンションを同じに調整する。
車高を無視して左右のダンパーのリテーナーの位置を合わせます。

2.アダプターを装着する。
リアの左右バランスを調整するのに、フロントの影響を排除するため、フロントをセンター1点支持にします。フロントの左右バランスを調整するのには、同様にリアをセンター1点支持にします。
カワダのセンター1点支持アダプターとスペーサを使います。 
 sP1180929.jpg

フロントはシャーシ先端中央のバンパー取り付け用ネジをはずし、ここにアダプターを装着して上から元のネジより2mm程度長いネジでアダプターを固定します。
 sP1180930.jpg

リアはシャーシの後端中央にアダプターを両面テープで貼り付けます。
 sP1180933.jpg

3.リアの計測&調整1
スケールに載せたリアと高さがほぼ同じようになるよう、アダプター下にスペーサを入れて高さを調整します。
ちなみに厳密に同じ高さでなくてもOKです。フロント側が実際より低くなっても、高くなっても、リア左右のバランスは大きくかわりません。
 sP1180932.jpg

高さが揃ったら、左右の重量を見ながらここと思う場所にバラストを積みます。色々試して、20~30gくらいの差になるようにします。バラストの数やおき方は自由です。

4.フロントの計測&調整1
スケールに載せたリアと高さがほぼ同じようになるよう、アダプター下にスペーサを入れて高さを調整します。
 sP1180935.jpg

高さが揃ったら、左右の重量を見ながらここと思う場所にバラストを積みます。色々試して、20~30gくらいの差になるようにします。バラストの数やおき方は自由です。なお、これまでの調整で積んだバラストを移動させてもOKです。


5.車高とキャンバーを調整する。
通常の走行時と同様に調整します。

6.フロントの計測&調整2
アダプター下のスペーサをはずします。次に、スケールに載せたフロントと高さがほぼ同じようになるよう、リアタイヤ下にスペーサを入れて高さを調整します。

 sP1180936.jpg

左右の重量を見ながらここと思う場所にバラストを積みます。色々試して、20~30gくらいの差になるようにします。バラストの数やおき方は自由です。なお、これまでの調整で積んだバラストを移動させてもOKです。

左右の差が20~30gになったら、再度車高を調整します。

7.リアの計測&調整2
フロント同様に調整します。


6.~7.を納得のいくまで繰り返します。(笑)



『カワダのセンター1点支持アダプターとスペーサ』と言うのは嘘で、カワダのタイヤホルダーの、
sP1180937.jpg

この部分と、
sP1180940.jpg

100均のビニールテープでした。
sP1180939.jpg

実はこの作業ってかなりの手間で、21時30分時点でまだ終わってません。(涙)
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2011
01
24

TA05シャーシのねじれ修正

TA05のシャーシのねじれを修正します。


Modjunkyさんからシャーシのねじれの可能性があるとのアドバイスをいただきました。Modjunkyさんありがとうございます!
なるほど、考えてみれば、左右の車高を無視してスプリングのテンションを同じにした状態で計測しているのですから、よほど左右で大きな重量差がなければ左右の数値にはほとんど差が出ないのが普通です。総重量1500g程度なのに左右で50g以上の差があるのは少し大きすぎるような気がします。これは反ってしまっているかも・・・となるとこの状態でいくらバラストを積んでもしかたありません。反りの状態を確認し、ひどいようならまずこの修正をします。

●反りのチェック
早速タイヤをはずし、フラットなところにシャーシをおいて四隅を押してみたり、
sP1180921.jpg

下に薄い紙を入れてみたりして、シャーシにねじれがないかチェックしました。バスタブシャーシで横が丸みを帯びた部分もあってそれほどきっちりとはわからないのですが、左後方のアンプの後あたりが少し上に反っているように感じます。
xsP1180922.jpg


●反りの修正
良いアイデアも思いつかない(全バラして熱湯につけるなんてのも良さそうなんですが、手間がねぇ・・・)ので、試しに、ステフナーやバルクをシャーシにとめているネジをいったん緩め、反りと同じ方向へシャーシをグッとねじってみました。
xsP1180924.jpg

そしてネジを丁寧に締めなおして再度計測してみると・・・
sP1180917.jpg
おぉ、だいぶよくなりました。これなら許容範囲です。
やったぁ、解決・・・とそう簡単にいくわけがありませんね。そのままの状態で約10分放置して再計測したところ、すっかり元の50g差に戻っていました。(涙)

●根本的対策
わずか10分で戻ってしまうのではどうにもなりません。やはり根本的な対策をとる必要があるようです。
シャーシが反って元に戻らないのならシャーシの交換が手っ取り早い解決方ですが、反った原因がわからないままでは再発の可能性大です。
しかし、なかなか原因はわからず、『いっその事反りづらい強化シャーシに交換するか』と考え出しました。けれど無印TA05の強化シャーシは高価で、市価で3300円程度です。「娘(TA05)が健康になるなら安いもんだ」と思ったのですが気づかなくて良い事に気づいてしまいました。TA05Ver2の強化シャーシは2400円程度、これも含めて合計6000円もだせばなんとかVer2にコンバートできるかも・・・
しかも、無印TA05の強化シャーシはほぼ取り寄せで店頭にはなさそうです。

●反りの修正 その2
頭の中はすでにVer2で一杯になり、「ドリフトもいいんだけど、まずグリップで走らせてみたいなぁ」なんて妄想を広げていましたが、ここで以前どこかのWeb(もしかしたら雑誌かも)でTA05のシャーシの反りを直す方法を読んだのを思い出しました。たしか、「モーターマウントをシャーシにとめてる長いネジをはずせば良い」と言うものでした。ただ、この状態で激しいクラッシュをするとモーターマウントがだめになってしまうので、いったんこのネジをはずし、ネジをはずした部分にできるシャーシとモーターマウントの隙間をシムでうめてからネジをしめると良いとの事だったと記憶しています。

なので、早速試してみました。
シムを用意して、
sP1180925.jpg

モーターマウント関連のネジをすべてはずしてモーターマウントが多少動く状態にして、再度シャーシをひねり、問題の箇所に0.3mmのシムを挟み、
sP1180926.jpg

ネジを元に戻しました。
その後10分、30分と経過しましたが、左右のバランスは良いままです。どうやら成功のようです。本来なら「やった!」と喜ぶところなのでしょうが、TA05Ver2で頭が一杯だったのでちょっと複雑な気持ちです。



さて、ようやくねじれが修正できましたので、車高やキャンバーを調整したうえで左右のバランスとりをします。
続きは明日にでも・・・

最後に繰り返しになってしまいますが、Modjunkyさん、アドバイスありがとうございます。またよろしくお願いします!
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2011
01
23

新しいデジタルスケール

あたらしいデジタルスケールを買いました。


今日(1月23日)は家の用事で結局ラジコンはできませんでした。
夕方になってようやく少し時間ができましたので、TA05の左右の動きが違う件を少しでも改善するため、四輪にかかる重量を均一化してみようと試みています。

●新しいデジタルスケール
具体的にはシャーシの要所要所にバラストを積むのですが、どこに積めば良いのかは、実際に試してみないとわかりません。以前購入したデジタルスケール
sP1180892.jpg

が最低もう1つあれば左右の重量バランスはわかるので、用事の合間にもう1つキッチンスケールを買いに行きました。しかし、すでに上の写真の製品は廃番になっており、しかたなく代りになるものを2つ購入しました。
sP1180893.jpg

1Kgまでしか測れませんが、ずいぶんコンパクトになりました。もちろん価格は同じ990円です。今回の用途にはバッチリですね。
sP1180898.jpg

いかにも精度が悪そうな感じでしたので試してみたところ、
sP1180899.jpg

sP1180900.jpg

sP1180901.jpg

sP1180902.jpg

sP1180903.jpg

普通に使えそうです。

●調整方法
思いつきでやっていますので正しい方法かどうかはわかりません。

できるだけ水平な場所で計測します。
sP1180904.jpg

車高を無視して左右のダンパーのリテーナーの位置を合わせます。
sP1180909.jpg

あとは色々バラストをつみながら
計測を繰り返し、左右の差ができるだけすくなく、かつできるだけバラストが少ない状態にすればOKです。こだわると終わりのない作業ですので、どこかでキリをつけるのが肝心ですね。

ちなみに何もバラストを積んでいない初期状態で私のTA05はこんな感じです。
sP1180910.jpg

sP1180911.jpg

sP1180912.jpg

sP1180914.jpg



明日あたりに適当なバラストをさがしてこようと思います。釣りの重りがいいかなぁ・・・
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2011
01
22

TA05Newボディ

TA05にNewボディをのせました。


今日(1月22日)は諸事情によりラジコンは中止となり多少時間ができたので、気になっていたTA05のNewボディを用意しました。

用意したと言っても、以前に作って放置していたボディに仮電飾をしてTA05にフィッティングしただけです。
ボディはタミヤのスカイラインGT-R(R32)で、こんな感じです。
sP1180878.jpg

sP1180881.jpg

実際にフィッティングしてみると色々問題が・・・
sP1180882.jpg
ホイールが車の雰囲気にあっていないのは置いておいて(笑)、まずフロント周りでは、アイラインの線が太すぎですね。
次に電飾、ダメダメです。フロント片側4灯なので、内側から青(5mm)、白(5mm)、青(3mm)、アンバー(3mm)にして、色合い的には悪くなかったのですが「白が暗すぎ&青が明るすぎ」ですね。実ははんだづけが面倒だったので、以前何かに使って保存してあったライト一式をそのまま使ったのです。

sP1180891.jpg
それから車高。低すぎです。ボディマウントをFDにあわせて切断しているのでこれ以上高くできません。リアは低いものの走行に直接支障はなさそうなのですが、フロントのリップがすってしまうのでちょっと問題です。ボディマウントを買うか、微調整可能な社外品いれますかねぇ・・・


明日時間があればR32でコソ練したいのですが、ちょっとこの状態だと無理かもしれません。とりあえずFDかなぁ・・・

以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。