上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2012
05
14

R31-CCC&ドリパケNewボディ塗装メモ

昨日の続きです。



●ボディの情報
あやしい台湾製のシェルビー(チューナー)ムスタングGT-350(1965年モデル)です。幅は200mmでリアバンパー下は別体になっていますが、カット(店側でカットされたものが届く)がひどく合体には苦労する場合があります。まぁ値段(本体だけで8ドルくらい)を考えれば十分な品質です。


**** 以下は今回の塗装のメモ ****

●はみ出し(悪い点)
原因はマスキングシートで、ものが古かったせいなのかもしれませんし、ハナからそういう製品なのかもしれません・・・・あるいは、その両方かもしれません。いずれにせよ使ってみたらどうにもならない状態でした。具体的には以下のような状態でした。

1.細い部分がフィットしない
特にファイアーパターンの先端部分や、ボディに凹凸(プレスライン?)のある部分にマスキングシートがフィットしませんでした。愛用の道具(硬質ゴム製の耳かき)
 sP1310307.jpg


でボディに良く密着させた後に上から軽くクリアー(クリアーもしくはエンジンカラーのクリアー)でおさえたのですが、やはり塗装中に部分的に浮いてしまって塗料が入り込んでしまいました(涙)

2.一部のノリ残り
マスキングの一部は、はがした時にボディ側にノリが残ってしまいました。大抵がファイアーパターンの先の細かいところで、綿棒やツマヨウジにX20Aやペイントリムーバー
 sP1310310.jpg

をつけて落とそうとしたのですが、ボディにへばりついて取れないものがほとんどでした。また、執拗に取ろうとして一部塗装がはげてしまいました。
前述の"マスキングシートが密着せず塗料が入り込んだ部分"に関しても、残ったノリの影響でほとんど手がつけられない状態でした。はみ出しているのがわかっているのにあきらめて上から別の色を塗らなければならないのは、精神衛生上本当によろしくなく、何度も、ボディを捨てるか、塗装をすべてはがしてやり直そうか、と悩みました(涙)

●むら(悪い点)
 原因は・・・私のミスです。具体的には、外色のホワイトを薄目にしたのですが、1番目の裏打ちのシルバーの薄い部分があり、2番目の裏打ちのブラックが表側に透ける部分ができてしまいました。
ちなみにホワイトを薄目にしたのは、単純なホワイトでなく、裏打ちにシルバーを使ってパールホワイトにしたかったからです。MさんのあのNewボディ
 sP1300981.jpg

は、イエローを薄く塗って裏打ちにシルバー(多分メタリック)を使った事であのキャンディイエローになったそうです。まぁもっともこれも、「ソリッドイエローにするつもりが知らずに使ったのが半透明のイエローだったので、それじゃあとシルバーで裏打ちしたらこんな感じになった」と言う事らしいです。Mさんシルバーの裏打ち結構好きなんですよね・・・(笑)
自分のボディに話を戻すと、パールな感じを出すにはホワイトは薄目の方がいいかなぁ・・・なんて考えがまったく裏目でした。シルバーで裏打ちしたものの、色はただのホワイトでした(涙)


●ガンメタ(良い点)
R31-CCC用ボディの黒い部分はブラックですが、ドリパケ用ボディの黒っぽい部分はガンメタです。色合い的にはガンメタで正解だったと思っています。また、思った通りの色になりました!
 sP1310314.jpg

ちなみにやり方はシルバーをごくごく薄く塗り、その上にブラックを薄く丁寧に何度も塗り重ねました。一気にブラックを吹くとシルバーが吹き飛んでしまう可能性があったからです。また、シルバーが厚くなりすぎたと思ったところはX20Aをつけたティッシュで軽く拭いたのですが・・・拭きムラになっちゃた所も・・・(笑)



今日は大分体調も戻りました!
昨日は体調の事もあり、もうこのボディはこれ以上いじるまいと思っていたのですが、今日になって、「まぁ失敗なら失敗でいさぎよくあきらめてもそれなりに仕上げをしよう」と言う気になりました。週末までに電飾と細部に小細工をしようと思います!
以上
スポンサーサイト

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

23.まとめtyaiました【R31-CCC&ドリパケNewボディ塗装メモ】まとめwoネタ速neo ]

2012/05/15(Tue) 22:20

昨日の続きです。●ボディの情報あやしい台湾製のシェルビー(チューナー)ムスタングGT-350(1965年モデル)です。幅は200mmでリアバンパー下は別体になっていますが、カット(店側でカットされたものが届く)がひどく合体には苦労する場合があります。まぁ値段(?...

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。