上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
06
29

M-05組立て時に気づいた点のメモ

私が組立て時に気づいた点のメモです。


●ステアリングワイパーのガタとり
あえてとる必要はないレベルのガタだと思います。もしガタとりをする場合には、ガタをとり過ぎないように注意が必要です。ステアリングワイパーはプラなのでガタをとりすぎていると、クラッシュ時にステアリングワイパー自身が破損して走行不能になる恐れがあります。
sP1050280.jpg

●アクスルとホイールハブ間のガタとり
これもとり過ぎないように注意が必要です。ガタをとり過ぎてしまうと、クラッシュ時に足回りにダメージを受けるケースが多くなります。
sP1050286.jpg

sP1050285.jpg

ちなみに、まったくガタがないよりも、多少ガタがある方がグリップもあがるように感じます。

●リアダンパー用ピローボールにはOリングを!
これは是非追加した方が良いと思います。M-05はリアにバンパーがないので、後から追突されると、ピローボールにダンパーエンドが食い込んでダンパーの動きが非常に悪くなります。また、これを繰り返すとダンパーエンドもだめになります。
P1050282.jpg

写真では下部のみですが、上部にもいれておいた方が良いと思います。また、フロントはバンパーがあるのでなくてもOKですが、念のために入れておくと良いかもしれません。

●14mmの段付タッピングビスを通常のビスに置き換える
M-03の時と基本的にかわりません。
4mm×5.6mmのフランジパイプ+14mmのなべビスで置き換えOKです。ただ、このフランジパイプはアフターで取り寄せると2個入りで150円と高価、12個入りのOP-236は入手が難しい、
sP1030249.jpg

と言う場合は、たいていのRCショップで入手可能な4mm×6mmのフランジパイプ(SP-593 5個入り130円くらい)
sP1030308.jpg

で代用も可能です。4mm×6mmのフランジパイプで代用する場合の注意点について、以前記述を忘れた点も含めてをメモしておきます。

・太さ
 同じ外径4mmと言う表記ですが、4mm×6mmのフランジパイプの方が若干太くなっています。なので、アッパーアームのような柔らかい部品につける場合には押し込めば良いのですが、シャーシなどの硬い部品につける場合は、部品側の穴径を4mm程度まで広げる必要があります。

・長さ
 これは表記の通り、4mm×6mmの方が0.4mm程度長くなっています。なのでM4のワッシャ(よくあるM4のワッシャは0.8mm厚ですが、0.5mm厚のものもあるのでできれば0.5mm厚のものが良い)をかまして利用します。
sP1050264.jpg
sP1050265.jpg
sP1050266.jpg

●5mm×8mmのピローを使う場合の注意点
フロント上部とリア下部のダンパー取り付けにはそれぞれ3mmと4mmのスペーサを入れるよう取説では指定されています。なので、ここをピローボール化するには通常の5mm×5mmのピローボールではなく、5mm×8mmのピローボール(OP.907)を使う事になると思います。
sP1050287.jpg

ここで注意が必要です。5mm×8mmのピローボールは5mm×5mmのものより、ピロー部分が1mm低いので、ダンパーの角度を取説通りにするにはスペーサを+1mm厚いものにする必要があります。
sP1050288.jpg

●ロープロファイルサーボ利用時の注意点
シャーシ側では標準サイズのサーボを想定してサーボケーブルのにげが作られており、ロープロファイルサーボを使用しすると、サーボケーブルがシャーシに干渉して、サーボの取り付け位置が数ミリ後ろにずれてしまいます。ロープロファイルサーボを利用する場合は、サーボとステアリングワイパーをつなぐロッドの長さを調節するか、サブトリムを調整して、あらかじめ少し走らせてみると良いと思います。
sP1050277.jpg

●リアを少し落ち着かせるには
これはまだ未検証なので、検証後に予想がはずれていたら修正します。

もしアルミリアアップライト(トーイン1.5°)を使っているのなら、M-05標準のプラのもの(トーイン2°)に交換してみると良いかもしれません。また、ホイールアクセルをフロントのものに交換するのも有効かもしれません。
↓写真はM-03のものです。
sP1050290.jpg

以上
スポンサーサイト

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2009/06/29(Mon) 22:26ななみパパ [ URL|Mail ]

    こんばんは!

    ワタクシの気になってた部分が解説されていて、非常に参考になります!!

    ちなみに、ステアワイパーですが、アッパーアームがクラッシュで逆に入り込んだ際、ステアワイパーに挟まって、少し上側に変形してしまいました。
    OPでカーボンもしくはアルミ製が出るのを我慢したいと思います。

  3. やっぱり深い!

    2009/06/29(Mon) 23:10優駿ぱぱ [ URL|Mail ]

    ozpapaさんこんばんは。
    プロボールにOリング!なるほど~と
    自分のシャーシでは使わない(使える?)テクニックですが目からうろこです。
    ショック吸収にOリングを使うって良いアイデアですね。
    TT-01でも使えるところあるかな?って考えてしまいました。
    やっぱりozpapaさんは深い!

  4. Re: タイトルなし

    2009/06/30(Tue) 21:07ozpapa [ URL|Mail ]

    ななみパパさん、こんばんは!コメントありがとうございます。

    > ワタクシの気になってた部分が解説されていて、非常に参考になります!!
    少しでも参考になれば幸いです。書いてよかった~

    > ちなみに、ステアワイパーですが、アッパーアームがクラッシュで逆に入り
    > 込んだ際、ステアワイパーに挟まって、少し上側に変形してしまいました。
    実戦での貴重な情報ありがとうございます。
    なるほど、ステアワイパーの変形ですか。となるとトー角がくるって、とりあえずの修正をするにしても結構手間がかかりますね。レース中だと厳しいですね。これは何か対策を考える必要ありですね。

    > OPでカーボンもしくはアルミ製が出るのを我慢したいと思います。
    そうか!ステアワイパーをカーボンかアルミにして、『にげ』としてガタを残しておけばトラブルは回避できるかもしれませんね。ありがとうございます。参考になります。OPが発売されたら私も早速導入します!

    以上

  5. Re: やっぱり深い!

    2009/06/30(Tue) 21:08ozpapa [ URL|Mail ]

    優駿ぱぱさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

    > プロボールにOリング!なるほど~と
    > 自分のシャーシでは使わない(使える?)テクニックですが目からうろこです。
    > ショック吸収にOリングを使うって良いアイデアですね。

    ありがとうございます。お金をかけずに長持ちさせるための対策です。
    Mシャーシの場合は結構イモ洗い状態になる事が多いので、これをやっておかないとダンパーエンド部分の痛みが早いんです。

    > TT-01でも使えるところあるかな?って考えてしまいました。
    ダンパーがCVAシリーズやTRFのものなら使えます。キット標準のフリクションダンパーだと、ダンパーエンドの材質と厚さの問題で使用できません。
    ちなみに、TT-01でも、TT-01DやTT-01Rなどではピローボールを使うようになっていますので、タミヤのWebから取説をダウンロードして確認してみると良いかもしれません。もちろん無料です!

     タミヤのダウンロードサービスのページです。
     http://www.tamiya.com/japan/download/rc_index.htm

    > やっぱりozpapaさんは深い!
    ありがとうございます。でもあんまりほめすぎないでください。調子にのっちゃいますから。
    これからもよろしくお願いします。

    以上

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。