上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
10
30

トイラジバイクへのメカつみ-準備編

まずはお手軽にやりたいので、可能な限り加工・改造は行わない方針です。


●仮のメカ
メカはとりあえず仮に手持ちの
 クリスタル式の小型レシーバ(メリットモデル40MHz)
 マイクロサーボ(ハイテック HS-81)
  sP1080007.jpg

 ブラシレスアンプ(キャッスルクリエーション マンバ-25 1/18用)
 ブラシレスモータ(キャッスルクリエーション CM-2054 1/18用)
を使う事にします。
ただ上記はあくまで仮です。できれば4台(うちの2台とMさん・K君の2台)ともできるだけ同じメカにしたいので、動作が確認でき次第レシーバ以外は別途購入するつもりです。

●分解
まずは分解してみます。分解そのものは特に難しいところはなく、以下の順番でネジをはずすだけです。
1.ライダーの足とステップ
2.ハンドル
  sP1080011.jpg

3.タンク&シート部分
4.ボディ左側

●サーボの検討
メカを載せるにあたっては、スペースの問題、特にサーボをどう配置するかがキーになります。なので、まずはサーボの配置を考えます。
 sP1080008.jpg
 ちなみに↑これは元々ついていた基盤をはずした状態です。基盤をはずすには以下のように2箇所はんだをはずします。
 sP1080009.jpg


で、現物を見てあらためて色々考えてみましたが、どうもうまくありません。今回は、サーボはケースから取り出して基盤のみを使い、サーボケース、サーボモーター、サーボギア、サーボホーンはそのままオリジナルのものを使う事にします。
配線は、

 レシーバ ⇔ サーボ(基盤) ⇔ オリジナルのサーボモーター

と言う感じにするつもりです。オリジナルのサーボケース、サーボモーター、サーボギア、サーボホーンを使うと、ポテンションメータがつけられませんが、「センターをだしておけばどうにかなるのではないか」と言う甘い考え行きます!(笑)

さて、上記の構成にする理由ですが、
・マイクロサーボとは言え、ボディ(シャーシ)を加工しないと搭載は難しい。
・サーボの搭載位置にあった最適なサーボホーンを用意するのが難しい。
 →場合によっては加工もしくは自作が必要。
・サーボセイバーの設定に手間がかかる。
 →車体を傾けるとサーボが動くくらいぐらぐらな感じに設定するのが良いようですが、結構面倒そうです。

●続きは明日
そうと決まれば早速加工といきたいところですが、現時点ではここまでとし、手配済みのアンプとサーボが到着する明日(10月31日)に続きをやる事にします。
今ある仮のメカでやってみても良いのですが、オリジナルのサーボモーターは130クラス(ミニッツなどにのっているのと同じサイズ)なので、仮のメカのマイクロサーボでこれを動かすのは危険(最悪サーボの基盤が焼ける)可能性があるからです。
 sP1080012.jpg



サーボは明日届く旨の連絡があったのですが、アンプは・・・どうなってんのかなぁ・・・最悪の場合はどっかのシャーシから一時的に持ってくるか・・・
以上
スポンサーサイト

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。