上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

お金をかけずにパワーアップと言う事で、付属モーターをパワーアップしてみます。


色々考えたのですが、やはり手っ取り早いのは進角調整ですので、この線で言ってみようと思います。

●調整方法
付属モーターの場合、ブラシはエンドベルに固定されていますので、エンドベルを回してやる事で進角が変更できます。

具体的には、エンドベルが回せるようにモーター缶の2箇所のつめをおこし、エンドベルを回しても引っかかって切れないようにモーター缶に半田付けされたコンデンサの足と、モーターの端子
を曲げます。
sP1080477.jpg

この状態で、エンドベルがはずれないよう、モーター缶に押し付けながらモーター軸の回転方向と逆にエンドベルを回せばOKです。
sP1080478.jpg

進角を調整したらエンドベルがはずれないように固定しますがこれは後ほど。

●角度
「進角は15°がくらいが燃費・パワーともにベスト」という話を聞きますが、どのくらいエンドベルを回せば15°になるのか考えてみます。

モーターの直径がわかりますので、計算すればモータの外周(円周)もわかります(もちろん測ってもOK)から、これをもとに計算してみます。

 直径は約24.4mmなので、
 円周は24.4×3.14=76.616mm
 エンドベルをモーターの外周と同じ76.616mm(一周)ずらすと360°ですから、

  76.616mm÷360°≒0.213mm

 として、15°にするには、

  0.213mm×15°=3.195mm

 ずらせば良い事になります。同様に計算すると、

   5° 0.213mm×5° =1.065mm
  10° 0.213mm×10°=2.13mm
  15° 0.213mm×15°=3.195mm
  20° 0.213mm×20°=4.26mm
  25° 0.213mm×25°=5.325mm

 となります。

●回転数の測定
せっかくなので、電流量だけではなく回転数も計測できるようにします。
ピニオン挿入時につかったパイプを利用して、アダプターを作成してみます。こんな感じです。

 (1)パイプを15mm程度にカットします。
   sP1080483.jpg
   sP1080484.jpg
   sP1080485.jpg

 (2)ピカールなどで磨いてピカピカにします。
   sP1080486.jpg
   sP1080487.jpg

 (3)モーターのシャフトに挿入します。

 (4)根元をつぶして落ちないようにします。
   sP1080490.jpg

 (5)2/3程度を黒マジックで塗りつぶします。
   sP1080494.jpg

●調整と計測
さて回転数測定用のアダプターもできたので早速計測してみます。
計測方法は前回同様です。
で、結果ですがこんな感じです。

 

進角

RPM

KV

 0.25

19046

2660

 0.3

19740

 2753

10

 0.34

20093

2803

15

 0.36

20760

2899

20

 0.47

20767

2896
250.53214492982


数値だけを見ると25°がよさそうですが、20°と25°では計測毎の数値のばらつきが大きくなりましたので、20°や25°にするとモーターの寿命が著しく短くなったり、あるいは安定しない状態になる可能性があります。
ちなみに、タムギア用のスポチュンなどは最初から進角がつけてあるようですので、この手が使えるかどうかわかりません。(進角をつけてもパワーが出ないかも)

●エンドベルの固定
進角を調整したらエンドベルを固定します。
エンドベルをけずってモーター缶のつめをしめて・・・と考えていたのですが、面倒になったので瞬間接着剤で固定しました。まぁはずれたらはずれたで、その時考えると言う事で・・・



さて、いよいよ明後日はライブ本番、明日はリハーサルで、色々準備もありますのでこのへんで・・・

以上
スポンサーサイト

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2009/12/04(Fri) 22:55Motomoto [ URL|Mail ]

    こんばんは、ozpapaさん。

    進角の付けられないモーターに進角を付けるとは、結果がとても気になります。思惑通りなら良いですね。
    エンドベルが外せるのでしたら、コミュテーターをひねって進角を付けるのもよいと思います。ワイヤー処理によって違いますが、15度くらいはまわせると思います。

    ライブがんばってください。

  3. ライブ

    2009/12/05(Sat) 00:40優駿ぱぱ [ URL|Mail ]

    ライブいよいよ~
    がんばってくださいね♪

  4. Re: タイトルなし

    2009/12/05(Sat) 19:32ozpapa [ URL|Mail ]

    Motomotoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

    > 進角の付けられないモーターに進角を付けるとは、結果がとても気になります。思惑通りなら良いですね。

    一定以上の進角をつけると回転数も電流量も減ってしまう(ただしトルクバンドが広がる)と聴いていましたが、20°、25°でも電流量が上昇しましたので、「もしかしたらエンドベルを無理に回したことで歪みがでたのか?」と思いましたが、回転数も上がっているのでそうでもないかと思っています。後はトルクですが、測定器を持っていませんので、実際に走らせてみて判断するしかなさそうです。来週末には試せると思います。

    > エンドベルが外せるのでしたら、コミュテーターをひねって進角を付けるのもよいと思います。ワイヤー処理によって違いますが、15度くらいはまわせると思います。
    >

    同モーターを1台分解しましたが、エンドベルをつけるのが大変(コミュの上にあるオイルきりをはずしてエンドベルのメタル上におき、その状態でエンドベルにブラシをつけて、エンドベルをモーター缶にはめる)で、できるならエンドベルははずさない方が良さそうです。
    ちなみに、「コミュテーターをひねる」と言うのはどうやるのでしょう?

    > ライブがんばってください。

    ありがとうございます!

    以上

  5. Re: ライブ

    2009/12/05(Sat) 19:33ozpapa [ URL|Mail ]

    優駿ぱぱさん、こんばんは。いつもありがとうございます!

    > ライブいよいよ~
    > がんばってくださいね♪

    はい、明日ははじけてきます!

    以上

  6. 2009/12/06(Sun) 01:39Motomoto [ URL|Mail ]

    こんばんは、ozpapaさん。

    >コミュテーターをひねる」と言うのはどうやるのでしょう?

    ローターをペンチなどで挟み、コミュテーター部分のみひねって進角を付けます。ローターとコミュテーターの接合部分は樹脂ですので割っておいてから回す方がやりやすいでしょう(540サイズなど)。小さいモーターは接着してないので簡単にひねることができますが、ワイヤーが切れたりはずれたりしないようにやることが重要です。

  7. 素晴らしいです!

    2009/12/08(Tue) 00:58ozpapa [ URL|Mail ]

    Motomotoさん、こんばんは。コメントありがとうございます!

    > >コミュテーターをひねる」と言うのはどうやるのでしょう?
    >
    > ローターをペンチなどで挟み、コミュテーター部分のみひねって進角を付けます。ローターとコミュテーターの接合部分は樹脂ですので割っておいてから回す方がやりやすいでしょう(540サイズなど)。小さいモーターは接着してないので簡単にひねることができますが、ワイヤーが切れたりはずれたりしないようにやることが重要です。

    なるほど!
    それにしても素晴らしい発想と言うか着眼点が鋭いですね!私ではまず考え付きません。素晴らしいです。

    以上

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。