上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2010
01
28

トイラジバイクの修理 その3

バイク3台の修理の3台目です。今日は息子のバイクを修理します。


息子のバイクの問題は、以前の記事に書いたように、

 「加速状態でないと車体が左右どちらかに倒れてしまう」

と言うもので、その原因はこれまた以前の記事に書いたように、

 「後輪内右側にある、後輪シャフトに固定された白いギアの
  固定部分がゆるみ後輪と一緒に回ってしまい、フライホイー
  ルがほとんど回らずジャイロ効果が発揮されないため」


でした。
なので、白いギアをシャフトに固定すれば問題は解決します。ソロフライヤーさんやwmaさんからアドバイスと情報をいただきましたので、これをたよりにWebで色々調べてみましたが、

 「シャフトに白いギアをはめた状態で両者を貫通するように
  穴をあけてピンで固定する」


もしくは

 「シャフトに白いギアをはめた状態で白いギアに穴をあけ、
  いもねじで固定する」


という対処が多いようでした。
しかしこの方法はちょっと私には難しそうでしたので、いつも通り、「そんなに厳密に固定しなくても良いのでは」と言う適当な考えで対応しました。

具体的には、シャフトに穴をほって、その穴に2mm程度頭が出る状態でピンをさし、白いギアのピンがあたる部分を削って、シャフトと白いギアをはめました。言葉で説明すると難しいので、以下に写真付でメモしておきます。

1.シャフトへの穴ほり
1~1.5mm程度の穴にしようと思いましたが、金属用のドリルビットが2mmより細いものがありません。購入するのも面倒なので、穴は2mm径にします。
ただ、いきなり2mmのドリルを当ててもうまくいきませんから、リュータに1mm~1.5mmのドリルビットをつけて下穴(穴と言うより窪みと言った方が良い程度の深さ)をあけ、それから電動ドリルに2mmのドリルビットをつけて穴(深さ2~3mm程度)をほる事にします。なお、下穴あけに利用するドリルビットは木工用なので、無理に力を入れるとビットが折れたりして危険なので注意します。

sP1090555.jpg


2.ピンの作成
2mmのピンを探したら、あるにはあったのですが長さが8mmもあります。そんなに深い穴をほるのも手間なので、M2のねじ(以前ミニッツに使ったもの)をニッパーで4~5mm程度に切断して使う事にしました。
sP1090561.jpg

3.白いギアを削る
シャフトから出ているピンの頭があたる部分をけずります。
sP1090564.jpg

4.合体
シャフトにホイールの右側を通し、先にシャフトにほった穴にピンをいれます。
sP1090566.jpg

その上から白いギアをはめて完成です。
sP1090570.jpg

その後簡単に動作確認をしましたが、ばっちりでした!!!


今日は、息子のバイクの修理のほかに、Mさんのバイクにモーターの熱対策としてエアインテークをつけてみました。そんなたいそうなものじゃないのですが、また明日にでも記事にします。
以上
スポンサーサイト

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。