上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2009
04
21

キャパシタを使い始めたのは・・・

ある人から、『キャパシタって効果あるの?』って聞かれました。

キャパシタは、ノーコン対策として受信機の空きチャネルにつけるものと、バッテリーからの電力供給を補助するものの2つがありますので、2つに分けて自分の経験を書いてみます。

●ノーコン対策
P1030784.jpg

ノーコンの原因が電力供給が追いつかない事であれば、はっきり効果があります。
私の経験では、つけてからノーコンはありません。ちなみにドリフト(モーターは15T)ではつけなくてもほとんどノーコンが出た記憶はありません。

●電力供給の補助
P1030785.jpg

普通の電解コンデンサに限った話ですが・・・
『ある程度パワーのあるモーターを使って、それなりのアンプで、ガンガン握れるようなコースを走る』なら効果があるように思います。

いつも走らせている超ショートコースでは、モーターがGTチューンだとほとんど効果は感じられませんが、モーターをスポチュンに変えると多少効果があるように感じます。
ただ、これは人に直接聞いた話ですが、同コースでモーターをスポチュンにしてもアンプが力不足だと効果が感じられないケースもあるようです。

『キーエンスのシュバリエダッシュ』などの高性能なものならこんな条件でも効果が感じられるのかもしれません。そのうち購入する予定ですので、購入したらまた感想を書いてみます。

ちなみに、同じ条件でも、前進専用にしてショットキーダイオードはつけると確実に効果が体感できます。『KOのアルティメットブースター』などだと効果は絶大です。『1000~2000回転、上が増えた』ような感じで、実際それまでより『さらにひとのび』します。



せっかくなので、参考までに、私がキャパシタ(電力供給の補助)を使い始めたきっかけを書いておきます。

ツーリングでアンプにVFS-FRを使用した時の事です。
当時ツーリングでは私は、

シャーシタミヤTB-02
アンプキーエンスA-07V
サーボフタバS9405
モーターG☆Style23Tスタンドアップ
バッテリーバラセル(安いやつ)

を使っていました。
諸般の事情(TA05を購入!)からアンプをKOのVFS-FRに変更する事になりました。で、アンプを載せ換えて初回の走行、いつものようにストレートエンドでアクセルを抜き、車の向きが変わったところでアクセルを入れると『スカッ』という感じでモーターの回転があがりりません。一呼吸おいてからのろのろと回転が上がってくる感じです。

色々試してみたのですが問題は解決できません。そこで、一緒に持っていったTA05とアンプを交換してみると・・・問題は解決しました。TA05には『テクトロの23Tスタンドアップ』を積んであったのですが、これにVFS-FRの組み合わせだとこの問題は発生しませんし、A-07Vを積んだTB-02でも問題は発生しなくなりました。

後日、VFS-FRにキャパシタ(たしか耐圧50V、容量1000μFくらいのもの)をつけたところ、『TB-02+VFS-FR+G☆Style23Tスタンドアップ』でも問題が発生しなくなりました。

この経験以降私は、グリップをやる時には必ず電力供給の補助としてのキャパシタを使っています。

以上
スポンサーサイト

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。