上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

昨日(10月23日)のM-05走行メモです。


昨日の続きです。今日はM-05についてメモしておきます。

ギア交換とともにモーター軸のシャーシ&ヒートシンクへの干渉も回避し、今回は本来のパワーを確認できました。アンプ、モーター、バッテリー、ギア比は以下の通りです。
・アンプ
 エンルート ネオンS9.5
・モーター
 タワープロ BL540ST(センサー付11.5T 3350KV)
  sP1170263.jpg
・バッテリー
 TURNIGY リポ2S2200mAh40C(ソフトパック141g)
・ギア比
 5.8(ピニオン20T)

●加速と最高速
加速、最高速ともにスポチュンをつんだM-05とはレベルが違いすぎて比較になりません。なのでここでは一緒に走ったTB-02(ギア比5.2+スポチュン+リポ)との比較を書きます。
まず加速ですがやはりTB-02にはかないません。2駆と4駆の差をまざまざと見せ付けられる感じです。もちろんM-05が単走していると『はえ~』って感じなんですが、TB-02と一緒に走ると、TB-02が4本のタイヤで路面をとらえてぐいぐい進んでいくのがとても印象的に見えてしまいます。M-05の方はそのトラクションを路面に伝え切れていないのがはっきりわかります。ホイルスピンこそしないもののモーターの出力ほどに車が前に出て行かない感じです。
次に最高速ですが、これはM-05の方に分があります。具体的には今走らせているコースはTB-02だと丁度良いギア比なのでストレートエンドで吹けきる感じなのですが、M-05はまだまだ伸びて行く感じです。最高速に関しては2駆の方が有利ですが、そればかりではなく、やはりモーターパワーの影響が大きいのだと思います。ギア比はTB-02が5.2、M-05が5.8ですが、スポチュンは手持ち機器とモーターでの計測では約3000KV、一方M-05のブラシレスは3550KVなのでこの差なのでしょう。

●強力なブレーキ
ブレーキが非常に強力です。ガツンとききます。車体を真っ直ぐにしてからブレーキをかければ、リアが流れたりスピンしたりする事もなくしっかり減速・停止できます。車速が高い時に急ブレーキをかけると、フロントがロック(リアはそのまま回転)して、まるで実車のようです。これが繊細にコントロールできるようになるとかなり早く走れるような気がします。
ちょっと強力すぎる気はしますが、フィーリングは悪くないのでしばらくブレーキはこの設定のまま使おうと思います。

●中・高速コーナーでのトラクション抜け
しばらく走らせて気がついたのですが、ストレートの速さを考えるとちょっとコーナーが遅すぎる気がします。で、私とMさんで交互にドライブしながら車の動きを良く見てみると、断続的にかすかにインリフトしているようで、ギアデフなのでこれでトラクションが抜けてコーナーが全体的に遅くなってしまっているようです。

M-05は初めからうさ足なのでスポチュン程度ではまずインリフトする事はありませんでした。なのでM-03時代のメモをチェックしてみると、インリフト対策としては、
 ・ボールデフにする
 ・車高ダウン+重めのバッテリーをできるだけ低く搭載する
の2つが有効なようでした。

リポを使う事で非常に軽量になっている事、コース状況からしてこれ以上車高は下げない方がいい事、の2つを考慮して、ボールデフ導入の方向で検討する事にします。M-03時代のボールデフはさすがに使う気になれないのですが、M-05用に設計されたものは最近のごく普通のボールデフのようなので期待しています。

●ハイサイド
中高速コーナーや切り返しでハイサイドをおこします。切り返しは、『切り返そうとアクセル戻した瞬間に急激にグリップしてコーナー外側へ飛んじゃっている』って事だと思うので、まぁ『車の状況に応じた的確なステアリング&スロットル操作をする』で納得なんですが、だたの中高速コーナーでのハイサイドは原因がわかりませんでした。ギャップや路面の汚れによるグリップの変化が原因なのかとも思いましたが、よくよく見てみると、前述の『インリフト』が原因でした。中高速コーナーでは頻繁にインリフトが発生していますが、リフトしていた内輪が接地するタイミングや強さでハイサイドにつながる場合があるようです。

ハイサイドによる横転はかなりシャーシやボディにダメージを与えます。
こんなふうに一発で塗装がはげてしまったり、
xsP1170260.jpg

驚いた事にキングピンが吹っ飛ぶ事もありました。
xsP1170256.jpg

トラクション抜け対策でボールデフを導入すれば、コーナーリング中の急激なトラクション変化はおさまるでしょうから、後は操作に注意するのと、フロントのダンパーを1~3段たててみよう(ダンパーを寝かしているとダンパーの動きがピーキーになるため)かと思います。
sP1170268.jpg

まだメモしたい事があるのですが、長くなりすぎたので続きは次回にします。



来週はブラシレスをTB-03に積みますので、M-05はお休みorGTチューンあたりでまったりになると思います。
以上
スポンサーサイト

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。