上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

12月12日のTB-03とTB-02のグリップ対決です。


昨日の続きです。TB-03についてのメモです。

●メカ積み
開始が遅くなってしまったのですぐに暗くなり写真は撮れませんでしたので、メカ積みを変更した部分の写真を載せておきます。まぁ枯れ木も山のにぎわいと言う事で・・・
 円筒型のメスコネクタをモーター側にはんだしました。円筒で両端がオープンなので、
 シャフト側、エンドベル側のどちらからでもコネクタ接続が可能です。
 sP1180387.jpg

 sP1180392.jpg

 センサワイヤーも束ねてモーター横の隙間に押し込みました。
 sP1180394.jpg

sP1180395.jpg

sP1180396.jpg

それと、うっちんさんからバッテリホルダーのビスについて質問を受けてちょっと気になったので1mmのスペーサーを追加しました。
sP1180393.jpg

●2台の違い
 私のTB-03と一緒に走らせているMさんのTB-02ですが、シャーシはもちろん使ったタイヤが違います。Mさんにソレックスを頼まれていたのですが、時間的な問題で貼れませんでしたので、今回は私の手持ちの新品のFMAを使ってもらいました。2台のタイヤやギア比は以下の通りです。

 ・TB-03
  アンプ :エンルートNEON-S9.5
  モーター:BL540ST11.5T(3250KV)
  ギア比 :5.2
  タイヤ :ソレックス32R

 ・TB-02
  アンプ :エンルートNEON-S9.5
  モーター:BL540ST11.5T(3250KV)
  ギア比 :5.4
  タイヤ :タミヤFMA


●路面状況
昨日(12月12日)は現地でオートバイ(実車)を走らせている人がいたので、できるだけ邪魔にならないよう端の方で走らせました。
いつも走らせている所とは違い、アスファルトがかなり荒い感じでグリップが低い事はわかっていましたが、気温が低い事とあいまって想像以上にスリッピーでした。感じとしては少し雪の積もった氷の上を走っているような感覚で、徐行する分には良いのですが、スピードをあげていくとまったく止まりません&曲がりませんし、ラフなスロットル操作で簡単にスピンします。アクセルを開けてゆく時はまだ良いのですが、アクセルを閉じる時が特に難しく、『あっ』と思ったときはスピンか車が飛んでいる事が結構ありました。じわりとアクセルを閉じてゆき、

『低グリップ路面でFFを走らせる時のように、完全にアクセルをOFFにせずいくらか残しておく』

ようにすると良い感じでした。

いつもは、『ストレートでドンと加速し、ストレートエンドでブレーキ、ころがしながらコーナーに入ってゆく・・・』と言うシャフト車らしい速度とアクセルのメリハリをつけると速く走れるのですが、この日はまったく逆でした。とにかく加減速を慎重にし、『握らない』のが重要で、最低速度と最高速度の差が少なくなるような走り方速かったです。最終コーナーでじんわりとアクセルを開け始め、ストレート中央部分では逆におなじような感じでじんわりとアクセルを閉じて行き、ストレートエンドではパーシャルな状態にして・・・と言う感じです。
あっ、でももっと操作の上手い人がやれば別かもしれません。(笑)


●チキチキ
そんな状態でMさんのTB-02と追いかけっこをしたのですが、まあ楽しかったです。
前述のように路面状況がよろしくないのでドライブが難しく、コーナーでインにつけない事が普段よりも多かったのですが、追走側も無理をすれば即スピンorコースアウトなので思うように空いたインに飛び込めず、普段よりもよりも白熱した『抜きつ抜かれつ』になりました。
また、普段と違って後ろを走っている方が難しく感じました。私もMさんも先行時にはそうそうスピンやコースアウトはありませんでしたが、追走時には結構スピンやコースアウトをしました。路面状況が悪く追突の危険が大きいので先行車にぴったりつける事はできず、普段よりも微妙に距離をとりながら追走するのが難しかったです。また、チャンスの時にダッシュしようにも、グリップの悪い路面に普段よりも空いている車間ですから、あせって逆にスピンなんて事もままありました。
でもかなり面白かったです。


●TB-02クラッシュ
そんな楽しいチキチキでしたが、1パック使い切る前にあたりがすっかり暗くなり、TB-02のクラッシュで幕となりました。
ストレートエンドで歩道のブロックに右側面から突っ込んで真っ直ぐ走れなくなったようです。暗い中回収してチェックすると、フロントのデフがユルユルになっていました。ブラシレスによるハイパワー化でリアのデフが心配だったのですが、リアは大丈夫のようでした。詳細はわかりませんが、フロントデフのスクリューが折れたのだろうと思います。しかし、それだけではありませんでした。何せ暗いので詳細はわかりませんが、少なくともサーボの耳が折れたようです・・・こりゃー少なくとサーボをなんとかしないと走行不能ですね。

●モーターの発熱
私のTB-03はもちろん、MさんのTB-02をチェックしていて、モーターの温度がこれまで以上に高くなっているのが気になりました。手で触っていられる程度なのでおそらく50度くらいだと思うのですが、これまでヌルイ感じだったので気になります。
今日はこれまでとくらべてモーターを回していません。全開率はかなり低く、主にスロットルを全開の1/2~1/4くらいの間をメインで使っていました。おそらくブラシレスシステムとしてはとても効率の悪い領域をメインに使っていた事になると思うのですが、この発熱はやはりそれが原因なのかちょっと疑問です・・・次回以降もう少し小まめにモーターの温度を測ってみる事にします。場合によってはファンの設置ですね。


今回の低グリップ路面はこれからの冬の間の路面状況を暗示するもののような気がしました。
タイヤと足回りをもう少しソフトにする時期なのかもしれませんね。
以上
スポンサーサイト

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2010/12/15(Wed) 09:15うっちん [ URL|Mail ]

    おはようございます。
    TBにはブラシレスは窮屈なんでしょうかね?
    アンテナポスト移動したり

    手持ちのTBも原因不明の症状が改善されない時はブレシレスに移行しようと考えてるのですが
    ロープロサーボは必須ですかね?

  3. サーボにレシーバをのせないなら必須です

    2010/12/15(Wed) 21:03ozpapa [ URL|Mail ]

    うっちんさん、こんばんは!
    記事にもしましたが、ここでも簡単にメモしておきますね。

    > TBにはブラシレスは窮屈なんでしょうかね?
    > アンテナポスト移動したり

    TB-03はスペース的に縦方向はそれまでのシャーシ(TB-02等)とたいして変わっていないと思います。ご存知のように、メカを乗せる部分の床の中央が斜めに後上がりになっているので横方向が厳しいかもしれません。
    とは言え、ブラシレスのアンプはやはり大きいので、マウントには結構苦労しますねぇ・・・

    > 手持ちのTBも原因不明の症状が改善されない時はブレシレスに移行しようと考えてるのですが
    > ロープロサーボは必須ですかね?

    レシーバをサーボの上にのせないのであれば必須だと思います。

    ちなみ私はプロポがフタバなのですが、ブラシレスの場合はフタバ以外の多くのアンプハイレス未対応でPPMで使う事になりますので、サーボはフタバにする必要がなく、SAVOXなどの廉価なロープロファイルサーボ(デジタル)を使おうかと思っています。

    以上

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。