上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2013
01
21

R31&ドリパケNewボディ検討 その3

昨日の続きです。


R31のサスマウントについて調べていると、

 "R31にヨコモボディOK"

との複数の記事を見つけました。以前にメーカーサイドの情報で

 "R31は195mm幅の設計"

と言うのを見た記憶がありました。R31は取説通りに組むと鬼キャンになりますし、ヨコモボディ(ドリパケ用)は基本的に190mm幅ですので、

 "きっと鬼キャンにしてヨコモボディをのせているんだろう"

と想像していました・・・が、ヨコモのドリパケ標準オフセット(+4)ホイールに非鬼キャンでしっかりヨコモボディを使っている写真や、+8.5や+10の深リムホイールを鬼キャンにしてヨコモボディを使っている写真を発見!根本的に勘違いしているような気がして、今使っているマスタングボディの幅を測ってみると・・・

 F:200mm弱
 R:230mm弱

 ↓200mmの間違いです(汗)
 sP1380986.jpg

 ↓こちらも230mmの間違いです(汗)
 sP1380989.jpg

マスタングは200mm幅なのは間違いありませんでした。しかし、旧車と言う事もあり結構ホイールが引っ込んだ状態ですので、キャンバー調整などによっては190mmもいけるのかもしれません。

早速手持でちょっと試してみます。幅191mmのHSV-10を使ってみます。
リアのディフューザーをはずし載せてみると、
sP1390016.jpg

HSV-10はボンネットがとても低いのでフロントはかなり高くなってしまいます。
sP1380993.jpg

フロントのマウントをはずして試したのですがダメでした。
sP1390009.jpg

ダンパーステーがボディに干渉してしまうのですが、このダンパーステーは高さ方向にそれほど削る余裕がないので、フロントを現実的な高さにするのはちょっと無理ですね。
sP1390011.jpg

リアもこんな感じで浮いていますが、リアはディフューザーをはずし、マウントの高さを調整すればいけそうな感じです。
sP1380994.jpg

んで、高さ方向はNGですが、幅方向はすこしはみ出す程度です。
sP1390005.jpg
これくらいなら、ホイールオフセットやキャンバーでどうにでもできそうですね!


ヨコモのボディはドリフト利用を前提に作られている可能性があり、ヨコモの190mmがOKだからタミヤもOKと言う事にはなりません。じゃあどうする・・・載せてみましょう!と言う事でとりあえずNewボディカットしてR31に載せてみます。



やはり予想通り今週も仕事がキビシイです。さすがに先週のようなお泊りはないと思いますが(笑)
以上 

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2013
01
20

R31&ドリパケNewボディ検討 その2

昨日の続きです。


さて、R31へのテストマウントです。

マスタングをのせている状態のままNewボディをのせてみましたが、ドリパケ同様にフロントが上がりすぎてしまいます。なので、フロントのボディマウントを、この状態から、
sP1380964.jpg

この状態にさげてみました。
sP1380969.jpg

すると、またほんの少し高いものの納得できる高さになりました。
sP1380974.jpg

ドリパケへのHSV-10マウント時にドリパケのフロントダンパーステーをだいぶけずった(もったいないのでキット標準の樹脂のものを削りました(笑))事を考えると、今回のボディはなかなかつみやすい感じです♪


ただ、やっぱり幅はキビシイですね。まだホイール部分をカットしていないので、R31の場合はボディをかぶせるとシャフトがボディに若干干渉する感じです。
sP1380976.jpg

ドリパケは+7オフセットのホイールをはかせているので、ホイールオフセットで幅の調整も可能ですが、R31の場合、今+5のものをはかせています。HPIなどから+3オフセットのもが出ていますが選択肢は少ないですね。
sP1380983.jpg

R31の場合には、やはりサスマウントでの調整が必要になりそうです。ちょっとR31のサスマウントを調べてみましょう・・・


デジカメの不調が激しくなってきました。"どこにもピントがあわない"、"ズームが動かない"、"電源が入らない"、"電源が切れない"、"メモリーカードエラー(リード・ライト)"・・・と言うような問題が出ているのですが、何度か電源スイッチを入れ直していると復調し、その後はだいたい普通に使えちゃう(ピントがあわないのは時々でる)のがさらにコマリモノです。完全に使えなければ否応なしに買うのですが・・・


以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2013
01
19

R31&ドリパケNewボディ検討 その1

R31とドリパケのNewボディの検討を開始します。


検討開始っていいながら、記事にしたように、すでにハイテンションにまかせて何も考えずに、その場で見て欲しいと思ったボディを買ってきちゃってます。

sP1380913.jpg

とは言いながらも、一応幅が190mmm以上ある事は確認した上での購入です。ただ、最近のタミヤボディ、新型は多くがインボードサス前提でボンネット部分が低いんです・・・今回のものは、実車やタミヤのホームページの写真から、"それほどボンネット部分が低くないだろう"と思っていたのですが、はたして・・・

と言う事でまずはドリパケにのせてみようかと思います。
んで、幅の関係がありますので、とりあえずタイヤ&ホイールをはずしてかぶせてみたところ、リアは問題なさそうですが、フロントがちょっと浮き上がってしまいます。

sP1380943.jpg

↑こんな感じで10mm程度高くなってしまう。

ボディマウントの高さはマスタングにあわせていた↓
sP1380940.jpg

ので、できる限りさげてみると・・・

sP1380946.jpg

今後はイイ感じです!
sP1380949.jpg

ドリパケは+4mmオフセットのホイールで190mmボディがちょうどよいように設計されていますので、後はホイールさえ変えれば(今は前後+7mm)なんとかいけそうです。


ただ、ボディマウントを現状より低くするには、ボディポストが長すぎますのでカットする必要がありそうです。
sP1380952.jpg

ここいら辺でカットすると良さそうな感じです。
sP1380961.jpg


さて、続いて本命のR31にマウントさせてみましょう。
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2013
01
18

ドリパケの楽チンな切れ角アップ方法 その5

月曜日(01月14日)の続きです。


さて、「ドリパケの楽チンな切れ角アップ」でもう1つだけやりたかった事、それは、アップライト周りを丸ごとショートリバサス用にしてみる事です。

さっそくやってみました!
新たに用意したのは、
ショートリバサス用Cハブ
sP1380909.jpg

キングピンセット
sP1380914.jpg

サスピン(上がショートリバサス用)
sP1380931.jpg

です。

なお、上のサスピンの写真を見るとわかるようにショートリバサス用のほうがサスピンが太いので、これが通るように2.5mm程度のハンドドリルで穴を拡張したり、
sP1380917.jpg

Cハブのエンドピンから前後方向への長さが違うので、
sP1380928.jpg

できるだけイマドキSSGコンバ用と同じになるようにスペーサをいれたりしました。
sP1380922.jpg


んで、バッチリ付け替えられた!
sP1380936.jpg

のですが・・・若干Cハブ側のピロー位置が高くなってしまいました。
Cハブ自体の高さがショートリバサス用の方が少し高いんです・・・
sP1380927.jpg

でもショートリバサス用の方が横方向にはスリムなので、さらなる切れ角アップの可能性がありますね!


Kさんから連絡があり、明日(01月19日)はやはり休出なので、02月02~03日あたりに・・・との事でした。私も結構疲労がたまっていますし、来週末(01月26~27日)は九州なので、身体を休めたかったので丁度良かったです。ノンビリとボディの事でも考えて見ましょうかねぇ・・・

以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

2013
01
14

ドリパケの楽チンな切れ角アップ方法 その4

昨日の続きです。


"楽チン"ってわりには長いなぁ・・・(笑)

●アッパーアームを短いものに変更
!注意!
これは、ピローをタミヤのものに変更したために必要になりました。シャーシ側、Cハブ側ともにヨコモのピローを使う場合には必要ありません。


今回からフロントアッパーアームはピローとアジャスタをタミヤのものにかえました。イマドキSSGコンバ用Cハブにつけるヨコモのピローを持っていなかったので、面倒になってかえてしまいました。この面倒ってのも私の個人的な環境に起因するものです。
ヨコモのピローのつけはずしには5mmのボックスレンチが必要なのですが、5mmのボックスレンチは、私的にはヨコモのピロー以外にはまったく使わないのです。通常の国産1/10シャーシを使っている場合には、ボックスレンチはだいたい、4.5mm、5.5mm、7mmの3本、六角は1.5mm、2mm、2.5mmの3本、を持っていればまず困る事はありません。なので、ヨコモのピローだけのために5mmのボックスレンチを買うのがどうにも嫌で、しかたなく写真にあるようなキット付属の十字レンチを使っていたのですが、これを使う事も微妙で・・・(笑)
sP1380864.jpg

ちなみに、これまでのアッパーアーム(上側)と今回から使う事にしたアッパーアーム(下側)を比較するとこんな感じで、トータルの長さはほとんど同じです。
sP1380896.jpg

上の写真でわかるように、タミヤのアジャスタの方が長いので、その差し引きでターンバックルを短いものに変更する必要があったというわけです。今回は28mmのものにしました。

●シャーシ側のアッパーアーム取り付け位置の変更
Cハブ側のアッパーアーム取り付け位置が高くなってしまい、そのまま取り付けるとアッパーアームが"バンザイ"状態になります。まぁそれでも良いんですが、グリップが低下するのは確実で、極端にフィーリングが悪くなる可能性がありますので、先に簡単にできる対処はしておきました。Cハブ側の取り付け位置にあわせ、シャーシ側もできるだけ取り付け位置を高くしてみました。
sP1380901.jpg

また、シャーシ側のピローを首長のもの一般サイズのものにする事で縦方向の位置も調整しています。
写真上がこれまでのピロー
sP1380902.jpg



●アップライトの加工方法
さて、アップライトの加工方法です。まぁ特別な事はありませんが、何かの参考になればと言う事で、私なりにポイントと思っている事をメモしておきます。

けずるのはココら辺です。
sP1380726.jpg

私の場合は削る対処を固定してヤスリを動かす事が多いです。
sP1380733.jpg

手で固定しづらい場合には万力やペンチなどを使います。
sP1380730.jpg

けずりたくない部分を保護したり、けずりカスが入り込まないように、不要部分はマスキングテープで保護する事が多いです。
sP1380735.jpg

けずってしまったものを元に戻すのは大変(ほぼ不可能)なので、けずっては状態を確認・・・と言う流れですこしずつけずっていきます。
sP1380740.jpg

樹脂をけずる場合は、ヤスリの目にけずりカスが詰まってけずれなくなる事が多いので、定期的にに清掃(不要な歯ブラシなどでつまったけずりカスをかき出す)すると良いです。
sP1380744.jpg



ひとまず完了!といきたいところなのですが、もう1つだけ試してみたい事があります。なんとか時間を作って早々にやってみたいと思います。
内容は・・・まだナイショです(笑)
ただ、特に突飛な事ではないので、もしかしたら私が知らないだけで常識化している事かもしれません。
以上

 ↓ラジコンブログのランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
 ↓ブログの解析・ランキングサイトです。クリックしていただけると嬉しいです!
 blogram投票ボタン

プロフィール

ozpapa

Author:ozpapa
ようやく通える場所にできたサーキットが閉鎖。今は、息子とMさん親子の4人で、近所の広場でドリフト&Mシャーシです。

検索フォーム

アクセスカウンター(2010/03/08~)

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。